ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌 | 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > BMW3編

作業日誌 BMW3編
E30(S14)Engチューニング
・このEngは、以前にSCHRICK製カムとダイレクトIGNを装着し
ていましたが、オイル漏れや、だいぶEngがくたびれているような
のでリフレッシュも含め、オーバーホール&チューニングを施すこ
とになりました。
・基本メニューは、カムを交換したことによる、圧縮比の最適化。
また、主運動系の軽量化・バランス取り。各部オイル漏れ対策&
ALTの国産流用による、信頼性向上。
そしてMOTECリセッティング。

Eng降ろし作業
・オイル漏れにより、ドロドロのEng。(これからが大変なのです)
・オーバーホールの基本は、洗浄です。(ACCELでは、最終的に
組み込むまで最低3回は、洗浄します。)

Engスタンドに固定
・オイルスラッジや、オイル下がり等々、走行距離相当の
状態でした。

分解したHEAD&クランク
・ピストンは、もちろんマーレ製ですが、今時の物にすると
少々 重め? ということで、今回も、他社流用でいきます。
・コンロッドは、もちろん、重量合わせを行い、ついでに
軽量化も目指します。

分解したピストン&コンロッド
・INTポートは、機械加工にて仕上げられています。(流石!)
もちろん燃焼室も機械加工仕上げです。
・バルブ・ガイドのガタが大きいため、バルブ交換&ガイド新規
製作&国産ステムシール仕様に変更。
・バルブスプリングに関しましては、強化品とと言われるものが
あまりにも高価のため、STD(new)スプリング+マル秘チューニ
ングを施し、+αの回転上昇分を見込みました。

バルブをはずした燃焼室
・燃焼室ボリューム測定。(4つ共揃っていました)
燃焼室ボリューム測定
・STDのピストンボリュームを測定し、STD圧縮比を算出。
(カタログ値との比較や、交換ピストンの選定の参考にします)

STDピストンのボリューム測定
・基本的に、各部寸法は全て測定します。(写真の状態では
前後のメタルのみ装着し クランク曲がりを測定しています)

クランクの曲がり測定
・オイルスラッジや、面の修正のため実施します。
クランクジャーナル・ピンのラッピング
・ピストンは目標圧縮比の設定のため、若干の追加工を施し
組み込みました。(実績ベースで、ピストンクリアランス・リング
合口を修正し組み込みました)

新規ピストン組み込み
・カムスプロケットは、調整できるように加工しているため
バルタイは前回より、カムを活かせるセットアップにしました。

圧縮比の最適化によりバルタイも見直しました
・ALTは、国産品流用で、信頼性向上をはかりました。
また、取り付けに関しては、現状リジットにしてありますが
この辺は、様子をみるということで・・・主運動系の軽量化や
バランス取りで、1次振動については、少しは良くなっている
と勝手に思っていますので・・・)

Eng搭載待ち

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00