ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌 | 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > BMW5編

作業日誌 BMW5編
E46M3ENGチューニング
・お客様からのご依頼で、現在ENGトラブルのため某デーラー様
でヘッドまで分解してあるが、チューニング含め出来ますか・・・
という内容でした。私としましても、E46は初めてですし
MOTEC装備済みということで、大変興味がありました。

車両から降ろし作業
・ENG降ろし&分解のとき、私のENGハードの師匠が定年退職
されるということで、遊びに来ていただきました。ENGを見るなり
「どこかで見たENGだなと」ということで説明したところ、うちで
実験していたよとのこと、なんとタイムリーなお言葉。
当然ベンチ実験&ENGメンテ等こなしているはず。ということで、
ねほりはほり教えていただきまして・・・ただ、今回のような
トラブルは無かったとのことで・・・作業方針を確信をもって決め
ました。またまた、制御につきましては、後輩がベンチをまわして
いたので、ベースデータもこっそりアドバイスをもらいました。

ENGスタンド固定
・ENGトラブルですが、#1シリンダ(EXH側)の焼きつきでした。
原因につきましては、元々いわく付きのENGで、デビュー当時から
リコールが発生していたらしいのです。(現象は違いましたが、
どうやら、設計限界がギリギリでばらつきにより不具合がでる
ようです。)ハードの基本的な部分の見直しと各部バランス取りで
ポテンシャルを発揮できそうに思いました。(スペック的には、
十分な内容で、後は制御でなんとかという感じでしょうか。

#1シリンダ(EXH側)
・トラブルの原因ですが、よくよくシリンダボアを診てみるとヘッド
ボルトボス穴の4隅のトップリングがあるあたりに擦れた痕が無く
どうやら、シリンダがヘッド締め付けによるひずみで変形している
ようでした。(ACCELに来たときはヘッドは乗っかっているだけで
締め付けの検証はできませんでした。)
・ピストンに関しましては、ノック痕が激しく残っていました。
(全気筒・・・セッティング?)
バルブとのごっつんこは無いようです。
・子メタルは、ロッド側のオーバーレイが剥離していました。
(多分P-MAXが設計値を超えているものと思います)

#1ピストン
・チューニング方針につきましては、
@オーバーサイズピストンに交換(0.2mm…ボア間が狭く純正と
した。シリンダの傷がそれほど深くなく、ボーリング・ホーニングで
修正できました。・・・ダミーヘッド製作)
Aヘッドガスケットの水穴チューニング(水流れの見直し検討)
Bオイルポンプ吐出量の増大(ポンプスプロケット・チェーン製作)
C各部重量・クリアランス・バランス最適化
Dバーノス作動角確認
EMOTECセットアップ
・ダミーヘッドは、加工屋さんに無いということで、ACCELで製作
しました。(1/4の価格でできました。)
・特にTOP付近の寸法変化が、ダミーヘッド締め付け有り無しで
ある事が判明した。これは、ヘッドボルトのネジ植え込みが浅く
ブロック上面にひずみが出るようだ。

ダミーヘッド装着時のボア測定
・ヘッドガスケットは、水穴のチューニングを施すため分解し穴の
拡大加工をしました。(このガスケットは、非常に優秀らしくガス
ケットの面圧を60%位まで下げても問題ないそうです。・・・ある
情報筋の話)
・水穴加工のため、三枚おろし?(バリとりのため)
・ブロックは、ボア間が狭くボア間のIN・EXが繋がっていません。
(ボア間が心配です。・・・ひずみはありませんでしたが。)

バラしたガスケット
・このENGは、オイルポンプ吐出量に心配があるため(ある情報筋
の・・・)ポンプ回転数をUPすることにしました。(フリクションに
影響の少ない範囲で)
・方法としましては、ポンプスプロケット加工とチェーンを製作
しました。(チェーンはびっくりするほどお安くできました。)
・リリーフバルブにも細工しときました。

STDのオイルポンプ周り
・BMWの場合、メタル合わせはメタルのバリエーションがある
ので助かります。(さすがにバラツクことはありませんが、±5μ
以内にはおさえたいので・・・)
・今回、ピストン6ヶ交換となりましたが、重量増にはならず・・・
・燃焼室のノック痕はそれほどひどくなく助かりました。

メーンメタル合わせ
・ヘッド周り改修
@バリ取り研磨
A燃焼室研磨・ボリューム測定
Bバルブ磨き
Cポート研磨(段つき等修正)
Dバルブ摺り合わせ
Eカム研磨
Fバルブクリアランス調整
Gバルブサージ対策
Hカムプロフィール測定

仕上げ後の燃焼室
・主運動系
@バリ取り研磨
Aピストン・ピン・コンロッド重量合わせ
B子メタル合わせ
Cリング合口測定・研磨
Dスナップリング研磨
Eピストンピン研磨(重量合わせ含む)
Fコンロッド研磨(重量合わせ含む)
Gコンロッドボルト締め付け確認(真円度)

組み込み前
・ブロック周り
@バリ取り研磨(ブロックオイル通路ブラインドプラグ外し)
Aクランク曲がり測定・バランス・ピンジャーナル磨き・オイル穴
修正等
B外観塗装
Cメーンキャップ締め付け確認(真円度)
Dピストンクリアランス測定確認

外観塗装
・ブロック組み込み
@オイルジェット
Aクランク組み込み
Bオイルラインブラインドプラグ取り付け
Cオイルポンプ・ライン組み込み
Dチェーン関連組み込み
EFrカバー組み込み
FW/P組み込み

ブロックASSY
・ピストンボリューム測定
・ヘッドボリューム測定
さすがに、機械加工の燃焼室のため、バラつきも少なく
圧縮比もカタログ値+αといったところでした。
・ヘッド組み込み
@締め付け管理
・バーノスの確認(振れ幅・イニシャル位置等)
入庫時はヘッド周りが分解されていたため、ACCELでの
分解時の状態がわからず、マニアルとにらめっこでしたが
意外と振れ幅が大きく、ちょっとびっくりです。
・ようやく完成
補機類を組み付け、終了。ところが、クラッチで手間取り・・・
実は、この後の車載で・・・・いろいろ外れていた状態で入庫して
きましたので、復元できるかどうか・・・それが問題?
・どうにかこうにか車載でき、MOTECのデータのモニターもOKと
いうことで、ENG始動・・・あらまっ すんなり始動しちゃいました。
・MOTECはM600で、フル装備・・・パラメーターが多すぎ大変。
しかも、スロットルはSMGが勝手に動かし、何がなんだか?状態
でも楽しみが増えました。
E30(M3)ENGダンパー装着
・運転性向上のためENGマウントの強化を検討していましたが、
HPI製のENGダンパーを装着してみることにしました。
・単体では、イメージしていた感じではなく カッチカチなので
大丈夫かと思いましたが、いざ付けてみると非常にフィーリングが
良く、(アイドリング時もそれほど振動しない)ENGが振れない
ので、ENGと車両の一体感があり動きがつかみやすくなった。
E30(M3)パワステポンプO/H
・オイル漏れが発生したので、O/Hを実施しシール類を交換した。
また、ラックの樹脂製パイプも交換しました。(抜け止め対策も
施しました。)

分解時
E30(S14)ダイレクトIGNコイルアダプター製作
・社外のダイレクトコイルを流用するため、長めのアダプターを
製作いたしました。
・今回は、コイルのみのご依頼でしたが、前回とはベースが違い
ましたので再設計いたしました。
・写真でですと判りずらいですが、このコイルは強力タイプで
全開でもストイキで回せます。(ノッキング・排温注意)

ロングタイプのアダプター

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00