ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業内容 > コンピュータ

コンピュータ


ACCEL では、 MOTEC をメーンとした制御系のセットアップを得意としております。 ここでは Q & A 形式で説明いたします。

Q1・なぜ、 ROM チューンだけではだめなんでしょう?

A1・ Engine 仕様がスタンダードの場合は、ROM のデータ変更だけである程度の性能向上は見込まれるでしょう。(特に年式の古い車は効果あり)しかし、 Engine の仕様変更だとか、サーキット走行などの条件下ではスタンダードコンピュータでは、本来の性能は発揮できません。(走行条件に合わせた制御仕様が必要です。)そこで、自由度の高いMOTEC が登場です。

Q2・MOTEC は、他のコンピュータと比べてどうなんでしょう?

A2・基本的に、 Engine 仕様と走行条件とコンピュータのセットアップが完璧にマッチングされていれば、どこのメーカーでも大差はないと思います。が しかし世の中そう うまく出来たものはありません。ACCELでは、これまでいろいろなECUと出会い格闘してきましたが、その中でも MOTEC は既存のセンサー類がそのまま使用でき、そして、セッティングツールもノート PC1台あればすぐに A/F をはじめ基本的な項目がモニターできます。特にご紹介したいのは、マップの格子を自由に設定できることです(これは、大変親切な仕様項目だと思います)。また、非常に汎用性があり ほとんどの Engine に対応できますし、やりたい制御がどんどん出来て、幅の広い 可能性の高いコンピュータだと思います。

Q3・コンピュータのセットアップは、どうやって行っていますか?

A3・ACCEL では、基本的に Engine ベンチでまず、定常データのセットアップを行いそれから、過渡データを決めます。(SWEEP・ロードロード・フライホイル過渡始動・アイドル・各補正テーブル等も含む)最終的には、実走行で確認して終了です。ここまで、作業すると費用がかさみますので・・・ま こういった方法でセットアップしたベースデータが各車ごとにありますので、このデータを元に微調整を加え仕上げます。

・ACCEL のコンピュータセットアップ時は、A/Fモニター・ノックモニター・各部温度モニターを駆使し、可能な限りベストマッチングを目指します。

・よく聞く話ですが、A/Fと点火時期のマッピングだけだから簡単だと言う人がいますが、2枚のマップだけで車が走りますか?(これじゃキャブと同じ?)ACCEL では、テーブルと各マップを合わせると最低10以上のパラメータを設定し、きめ細やかにセットアップしております。また、全開域は Engine ハードの仕様でだいたい決まってしまいますが、実は、パーシャル域が非常に大事でここのセットを詰めないと気持ちの良い Engine には、仕上がりません。

・最後に、たとえば、冬場と夏場では Engine に対する要求 MR・ADV が気温・湿度等の気象条件により微妙に変わってきます。MOTEC では各種補正テーブルがありますが、サーキット走行などの条件下ではよりシビアなセットアップが必要になります。(MOTEC といえども万能ではありません。要はチューナーの腕しだいといった要素があり、理論的な裏付けが必要不可欠です。)

MOTEC 取り付け&セットアップ実績

・フェラーリ F355M4&M8
・フェラーリ F348M4&M8
・アルファロメオ 156M4
・ランボルギーニ ディアブロ   M8&m800
・ポルシェM48
・BMW M3・M5 M4&M8
・NSXM8
・ランサー(S耐車両)M4
・LANCIA M4



MOTEC画面

EP ROM

M48ECU&イグニッションエキスパンダ-

エンジンベンチ操作室

オシロスコープ

セッティングツール

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00