ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業内容 > Engine オーバーホール

Engine オーバーホール


ACCEL の作業ステップを、ご紹介します。

ステップ
  1. 現状の写真撮影・・・・外観の現状把握
  2. 分解時確認・・・・・・起動トルク、バルタイ、タペットクリアランス確認 etc
  3. 全分解・・・・・・・・状態把握(不具合確認)、パーツごとに仕分けし保管
  4. 1回目洗浄・・・・・・オイル、カーボン洗浄及び脱脂
  5. 各部研磨・・・・・・・エッジ、バリ取り研磨・磨き
  6. 2回目洗浄・・・・・・ごみ洗浄及び脱脂
  7. 各部寸法測定・・・・・クリアランス調整、ボリューム調整、重量調整各部締め付け方法確認、必要あれば修正加工
  8. 3回目洗浄・・・・・・ごみ洗浄及び脱脂、各部最終点検
  9. 本組み立て・・・・・・締め付け確認、可動部確認
  10. 完成・・・・・・・・・組み込みデータ記録簿、写真集作成

・Engine オーバーホールの基本的な考え方は、スタンダードの状態の復元であり、各部に最新のトレンドを導入し管理された組付け作業を行い、失いかけた元気をとりもどすことだと考えます。(ACCEL では、Engine 各部のすべてのクリアランス・すべての重量・すべてのボリュームを合わせ込みレース Engine と同様の精度管理のもと一機々、魂をこめ造り込む作業を致します。)

・全分解では、出来うるかぎり分解しそのすべてを把握することから始めます。

・洗浄では、本組み立てまでに最低3回以上の洗浄を繰り返します。(鋳砂・キリコがなくなるまで繰り返します)

・各部研磨では、手に触れるパーツのすべてのエッジ・バリ取り研磨を行います。(特に、オイルラインは慎重に実施します)

・締め付け方法確認では、まずマニュアルどおりに実施し真円が安定して再現できること、または、真円になる方法を設定します。(ボルト締め付け時の軸力・角度・伸び管理等)

・本組み立てでは、サブ Assy されたパーツを、細心の注意をはらいながら、慎重にかつ確実に組み込みます。

・データ記録簿では、 組み込みデータのまとめと履歴管理 のため。また写真集作成は分解時から完成までの実作業の記録のために行います。

TOOL BOX

計測機器

治具いろいろ

大型洗浄台

15tプレス

Engineスタンド

750kgリフター

250kgサントカー

1.8t&3tガレージジャッキ

こだわりのオイルジョッキ

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00