ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編


作業日誌 Ferrari 編
348tbタイベル交換・Frカバー内メンテ&MOTEC取り付けセットアップ

・今回の作業は、タイミングベルト交換とオイルポンプ
チェーンテンショナー・2次チェーンテンショナー交換
及びクランク周り点検・オイルポンプリリーフ調整
そして、MOTEC取り付けセットアップです。
・油脂類は、全てMOTUL仕様です。

☆オーナーさんのインプレッションは
・Engのレスポンスが、まったく違うとのこと。(音が
乾いてきた、また8000rpmまできっちり回る)
・348のコンペより速い?
ということで、満足されていました。めでたしめでたし。

スタンドに固定したところ
・Fr側のオイル漏れは、お決まりのことですが、この
EngはR/Hのカムセンサーオイルシール部より
オイル漏れがありました。
よく見ると、オイルシールのダストシールに隙間が
ありました。(芯がずれていました)
・対策は、芯を合わせて組めるよう、ちょちょいと
改造をしました。

カムセンサーオイルシール部からのオイル漏れ
・オーナーさん、いわく 水温が上がらないんだよね!
サーモが開っきっつぱなしでは・・・
・異物はアルミの鋳物??(気にしない事に)

なんと、サーモに異物が挟まっていて・・・
・例によって、バルタイはずれていました。
・プラグの焼けも左右バンクで違ってましたし・・・
・タペットクリアランスはOKでした。

分解時バルタイ測定
・今回は、Frケース内のベアリング・チェーン・テンショ
ナ-交換ということで、オイルパンをはずしました。
・オーナーさんの拘りの部分でもありますし、気になる
個所は、せっかくEngスタンドに固定するので、出来る
ところは、点検しました。(不安があれば、スロットルは
踏み切れないですよね。)この方は、若いころから、
自分で車をさわっていたらしく、かなり詳しく経験もあり
ついつい、突っ込んだ説明をしていまいましたが、こう
ゆう方がオーナーさんだと、私も実務ベースでご理解
をいただけますので 助かります。

オイルパンを外したところ
・スラッジもなく、状態は良好。
Frカバー&チェーン類を外したところ
・オイルポンプチェーンテンショナ-ですが、値段が
高価なため、樹脂の部分だけを新規に制作する
予定ですが、一般に売っている材料では、少々不安
なため、(自動車メーカーでは、基本的にはベースは
同じですが、少し調質しているようで、簡単には手に
入りません)入手ルートを調査中です。

Frカバー側に残ったチェーン類
・後ろ側のベアリングは、アウターレースが手で
外れるくらいに 磨耗していました。

ガタガタのベアリング
・2次チェーンのテンショナーは、樹脂がボロボロ
でした。

2次チェーンテンショナー
・少々 くたびれぎみのシールでした。
外したウオ-タポンプシール
・チェーン・ベアリング・各テンショナーはNEWに
交換(一部 国産部品使用)

チェーン周り組み立て時
・オイルポンプ チェーンテンショナ-は、センターに
チェーンが当たるように、細工をしておきました。
・オイルポンプのリリーフバルブの開弁圧調整を
しておきました。

ちょいと細工したオイルポンプテンショナー
・バルタイ調整風景
・348は、ベルトが長いので幾度となく回し
確認をします。

バルタイ調整作業
・追加メニュ-で、T/Mマウント交換です。
・中のゴムをドリルでもみ、外し(壊して?)ブッシュに
鋸歯で割を入れ はずしました。

T/Mマウントブッシュ交換
・シリンダライナー治具を利用し、NEWブッシュを
圧入し取り付けました。(途中で止まったらどう
しようか、ドキドキしながらの力技でした。)

治具にてnewブッシュ圧入
・いよいよ、EngとT/M合体
EngとT/Mの合体風景
・クラッチがつながる時に、ジャダーが出るという
ことで、分解点検。
カバーのスプリングの一部が浮いていました。

スプリングの一部の高さがずれていました
・カバーを外すと、3枚のシムのうち1つが、変形して
いました、また、フライホイルやプレッシャープレートの
一部にジャダーの痕が有りました。
・一部、国産ベアリングを使用しました。

カバー側のシムが変形して乗り上げていました
・センターコンソールのふたの中に、MOTECユニットを
取り付けました。(ふたを閉めると見えません)
・配線は、Stdのハーネスを利用しECUのコネクター
部からMOTECのラインを配線しました。また、新規
配線は追加センサーの分だけで、見た目にはStdと
変わりません。
・今回の制御仕様は、スロットルセンサーとEng回転
で制御するα-N方式にして、Engレスポンス優先の
仕様にしました。(サーキット走行がメーンのため)
・使用ECUはM4のため、INJ出力をセミシーケンシャ
ルとしました。(IGNは元々 同爆です)

MOTEC M4&イグニッションエキスパンダ-
・Stdのスロットルセンサーは、全閉全開のS/Wの
ため国産のポテンショtypeに交換しました。
・少々、寸法が合わないためブラケットを新設しました

スロットルセンサー交換
・AirクリーナーBoxに、吸気温センサーを取りつけ
ました。
・EngRoomに、MAPセンサーを取りつけ、大気圧
補正用に追加しました。

吸気温センサー取り付け
・今回、制御性を向上させるため、クランクプーリーの
パルサー(歯)を60歯欠歯2から2歯追加しました。
(このため、Std ECUは動かなくなり、MOTECの
フルコン仕様にしました)
・また、サージタンクのセンターのバラフライバルブも
積極的に制御し運転性の向上に努めました。
・いろいろMOTECで動かそうとすると、出力CHが
足りなくなりましたので、イグニッションエキスパンダ-
を入れ、空きCHをふやしました。
・タコメーター出力もMOTECから出しているのですが
メーターとMOTECの回転数が合いません??
(どちらを信じるかといえば、MOTECですが、こんな
に甘いとは・・・)

クランクプーリのパルサー加工

348エアコン第2ラウンド

・前回、エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチが
断線しているようで、部品交換の予定。が しかし値段
が・・・ということで、合いそうな物を物色していると、
丁度よさそうなのが出てきました。早速オーナーさんに
連絡。その他のメンテも含め入庫しました。

・やはり、コイルが溶損・断線していました。

プーリーを外したところ
・今回の改造ポイントは、348のコイルのみ改造交換
することです。

左が348    右が国産
・プーリーは、コイルの外径が若干大きいので、プーリ
ーの内側を、旋盤にて修正加工でOK。

加工したプーリー
・国産コイルは、取り付け部のインローになる部分を
旋盤にて修正加工でOK。
・コネクターを348用に付け替えておきます。

348用に改造した国産コイル
・プーリーのベアリングですが、ちょちょいとグリスアッ
プで対応。(程度にもよりますが意外ともつようです。)

リビルトベアリング
・各加工を終えて、組み付け後の作動確認。
(一発OK。問題なし?)
・ここまでは、順調にいきましたが、いざEngをかけて
エアコンON・・・ん〜おかしいクラッチがONにならない
・いろいろ調べたところ、圧力S/W〜マグネットクラッ
チ間の配線を新規にひき直し、どうにかクラッチがON
になり、エアコンが作動するようになりましたが・・・
・前回、圧力S/Wのコネクターが溶損していましたが
どうもそれが悪さをしているようで、エアコンONで、
ある配線が熱くなります。これはいったい・・・
(次回につづく)

作動確認OK

355(F129)タイミングベルト交換のお仕事

・’95 F355GTSのタイミングベルト交換のご依頼で
す。お車は、5.5万Kmほど走られていますが、大変
コンディションがよくEngもきれいでした。(お話を
伺いますと、やはり上手にFerrariを走らせている
ようで、この辺がコンディション維持のポイントかな
と思いました。)
・その他の作業依頼は、エアコンが効きません!と
細かなメンテです。

Engフードを外したところ
・まず、降ろすときに発見したのですが、エアコンに
関しては、なんと取り付けボルトが締まっていません。
しかも、無いところもありました。ということで、ベルトが
張れていなくてコンプレッサーが回っていなかったよう
です。

Engが降りたところ
・ほとんどのショップさんは、この状態でタイミングベル
トを交換されるようですが、ACCELではここからさらに
EngのみをT/Mより切り離しEng Roomにて作業を
します。
・その理由としましては、タイベル交換ではカムカバー
を外します。ACCELはEng屋です。バタバタしている
ガレージでは、Engは開けません。(ガレージは、ほこ
りや温度管理が出来ない環境のためEng内部をさら
すことはしません。)ACCELのこだわりです。
・Eng Roomに移動後 スタンドに固定
・T/MとのつなぎめのOリングも大丈夫でした。
(オイル漏れ等)

Engスタンドに固定
・分解時バルタイ測定を行う。なんと・・・
測定データ R/H INT  97.5°
            Exh 114.0°
        L/H INT 101.0°
            Exh 111.0°
 ちなみに、設定値はINT 103°Exh 110°
 (プラグの焼け具合も左右違っていたし・・・納得)
・ベルト関連は、まだまだという感じですが基本的に
交換します。(前回の交換から2.5万Kmですが、
乗り方により、この辺は左右されます。)

分解時バルタイ確認作業
・テンショナ-ベアリングのアウターレースが干渉して
いて、焼けていました。当然ベアリングの動きも悪く
熱により、グリスの飛び散りかたも多かったです。

ベアリングのアウターレースが干渉してました
・対応としましては、研磨修正し干渉しないようにしま
した。
・なぜ、干渉してしまうのかですが、(干渉に気がつか
ないは、おいといて)タイミングベルトには当然、個体
差があります、しかも、新品の場合 初期の延びが
予想され少々きつめにテンションを掛けます。(後から
は調整できないため)今回の場合あまり張れない位置
のため戻しすぎたのでしょう。(ハイドロリックテンショナ
ーは正常の場合)

干渉部位を研磨修正
・一般的な部品ですが、関連する部位は交換します。

今回の交換部品
・バルタイセット作業について
1、#1シリンダのTOP出しをします。(これが基準と
なりますので慎重に)方法は、#1プラグホールから
ダイヤルゲージを入れ、ピストン位置が上死点の
ところで、角度板の0°にインジケータの針を合せます
2、私は、R/HのExhからセットしますが、(カムの回
転方向に注意)基本的には、カムの最大リフト時の
クランク角度をバルブタイミングとします。そして、
最大リフト付近にクランクを回し、バルブリフターに
クランク状に曲げたダイヤルゲージをなるべく、リフ
ターに直角に当てます。
3、この状態から、少しクランクを逆回転させ最大
リフトの0.2mm0.1mm前のそれぞれのクランク角度
を読み、さらに正回転で0.1mm0.2mm時のクランク
角度を読みぞれぞれの和の1/2をセンター角とします。
ちょっとややこしいですね。次回は、作業をフローチャ
ートにしてご説明します。
・さらに、精度を高める場合は、カムノーズに直接ダイ
アルゲージを当てる方法もあります。(バルブに垂直に
ゲージが当てられる冶具が必要ですが)・・・カムを
180°逆にして測定する方法です。

         バルタイセット作業

☆よく質問されるのですが、バルタイはどこがい
いですか?と・・・カムがSTDの場合はやはり
マニアルの設定が一番いいですね。
レースで走らせるとかカムを変えたとかは別と
して、普通に走るのであればSTDで十分です。
それよりも、きちんと、タイミングを合せることが
基本です。(V8で左右が違うなんて・・・)
・Ferrariのカムスプロケットは、写真のように調整穴が
たくさん空いています。したがって、ほとんどの場合
設定のタイミングに合せることが出来ます。
・合いマークは、あくまでも おおまかな位置合せと
考える方が、賢明だと思います。
・余談になりますが、ベンチテストで、バルタイF/Hを
するときは、3°±0.5°ごと変化させていきます。
3°位が感度的に評価しやすいためです。
・タイミングのセットが終了したら(張りの調整もある
程度してから)何度となくクランキングをしてベルトを
なじませることも必要です。そして、最後にバルタイと
張りを確認してから、カバーを取り付けます。

カムスプロケット(分解前)
・元々、チャレンジ仕様にはあるのですが、タイベル
カバーのうらカバーを製作しました。(びっくりする値段
だったので・・・)せっかく取り付けねじ穴があるので。

リアカバー新規製作
・意外ときれいに取れたシール?(前回も交換した
痕あり)

分解したウォーターポンプシール
・スロットルが、全開付近で ひっかかるとのことで
調べてみると、なんと、サージタンク固定用のバンド
がリンケージに干渉していました。
・バンドの位置を修正し対応しました。

リンケージのひっかかり発生部
・各部点検・洗浄
完成
・Eng側が多少へたっていました。(オーナー氏いわく
ぜんぜん違うそうです)

マウント類交換
・排気の熱のため、かなり硬化していました。
(ぱっくり割れてました)

T/M側ドラシャブーツ交換
・点検のため、分解・洗浄
T/M側CVジョイント点検・洗浄
・CV組み立て・ブーツ取り付け
・T/M洗浄

交換したブーツ
・交換したスパークプラグ(基本的に5バルブのため
F129はヘッドが冷えません。・・・複雑なポート形状
で水流れが厳しく、熱がたまります。)
・プラグのスペースが無くM10のプラグです。

交換したスパークプラグ
・車載整備後、始動チェック〜暖気・・・ちょっと
アイドルが低い。
・どうも、R/Hの排温が低いようで、空気が入って
いないようです。ということで、スロットルのバイパス
バルブで調整しました。少々回転が上がったので
左右合ってきましたが、今度はL./Hを下げようと
しましたが、なんとバルブは全閉でした。
ん〜、結局 元々ずれていたバルタイで合わせて
いたため、バルタイを正規に合わせるとこんな感じ
になってしまします。とりあえず、制御がLジェトロで
左右別制御のため成り立つのですが・・・
・次回、お時間の取れるときに、スロットル全体の
調整をすることで納車しました。
・エアコンは、バッチリ効くようになりました。

車載中

348(F119)Eng組み立てのお仕事

・ショップさんからEng(バラバラ状態)引き取り(組み立てのみの依頼)少々急ぎのため 計測関連はショップさんのデータで組み上げる

・部品整理と欠品部品の発注

・部品洗浄とサブAssy

・ライナー・オイルジェット・クランク組み込み・ピストンサブAssy
 
ブロックをスタンドに固定したところ
・ピストン組み込み・水ポンプ・オイルポンプオーバーホール

・動弁系バルブ擦り合わせ・組み込み

・ヘッド組み込み締め付け

・バルブクリアランス測定・・・すべて厚すぎて合いません
(バルブシートカットしてあるそうです)

・バルブシムが間に合わないため研磨にて修正(32枚)
(今後のこともあるので研磨機のお勉強もかね自分で削る)

ピストン・コンロッド・リング等  
・バルクリ調整(2こ合わず再度研磨)

・タイベル張り〜バルタイセット(F119はベルトが長いので何度も回してバルタイを確認することがポイント)

・ちぢみ塗装済みカムカバー取り付け

・オイルポンプ・オイルパン取り付け

クランク組み込み  
・吸気系・ハーネス取り付け〜完成

・このページの内容では あまり細かく書いてありませんが エッジ・バリの研磨及び洗浄等は十分に行っております

・今回は急ぎの仕事のため写真が順序良く撮れていません(すみません)

ピストン・オイルポンプ組み込み

オイルポンプ分解 

仮ベルト張り・バルタイセット 

オイルパンを取り付ける前

完成
348クラッチトラブル対応のお仕事

・走行中に、クラッチ付近からギャ-ンという異音が発
生したとのこと、その後 走行には問題ないらしく自
走で入庫されました。

・早速、分解。下のカバーを見ると、中から何かが
ぶつかった様子でかなりの変形???

・クラッチハウジングをはずしたら、もう大変!なんと
レリーズの周り止め?が破損しハウジング内を大暴
れハウジング・カバー・スタータまで、ギタギタ状態
ん〜困った。

カバーが変形している
・部品の見積もりをとると、50万円コース。そこで
お客様に予算の確認・・・(直せる所は直し最低限の
交換部品で作業することになる・・・一般走行では
まったく問題はありません)

・見積もりの中で、以前はとれた部品が、在庫切れで
新しく一体型となり、どんどん部品代が高くなる一方
です。そこで お客様に汎用の国産部品の使用を
打診したら、OKがでたので数点の部品を使いまし
た。(値段は、1/3だし耐久信頼性は抜群ですよ)

クラッチハウジング内(クラックはないので
研磨修正で対応)
・作業の方ですが、不具合個所の点検のため各部を
隅々まで点検し、修正を加え再ASSY。OK
(ACCELは修理屋さんではないので、何でも部品
交換はしません。もちろん 明らかに怪しい物は交換
しますが、それ以外は、はお客様の了解のもと
できるだけ、費用がかからない方法で対処します。
もちろん、次回のメンテ時期については早めに入庫
いただくようにはなりますが。)

クラッチ(カバーは再使用)

スタータ(再使用)


破損し暴れまわった部品
・トランクのカバーを外し、圧力S/W周りをみると、
コネクターがこげて、断線している。(なぜ?)
とりあえず、別のコネクターに交換したが、コンプレッ
サーは回らず。そこで、GASチャージをして 強制
的にコンプレッサーを回してみると、一応冷えるみ
たい。が、しかし、線が熱くなる。そのうち、マグネ
ットクラッチのコイルが断線したようです。(マグネ
ットクラッチは単体で部品としてでるのですが、
・・・高い!今はリビルトを検討中)

焼損した圧力S/Wのコネクター
・カムセンサーのコネクターが崩れ落ちてしまい
ました。今まで走っていたのが不思議です。(ACC
ELではジャンクのコネクターがありますので、ちょ
ちょいと直してしまいます。)少々古めのお車は、
コネクターがダメかもしれません。・・・センサー自
体は大丈夫のようです。

コネクタの崩れたカムセンサー

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00