ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 10編
348ショックO/H&減衰力変更
・今回ショックをO/Hすることになり、同時に減衰力UPを実施しま
した。また、それに先立ちショックブッシュ(下側)をウレタン製に
変更しました。(ゴムブッシュがへたり軸が偏芯?している状態で
した。最初に荷重を受ける場所ですから、しっかりしないとダメ
ですよね。)

ゴムブッシュがへたり偏芯した状態
・減衰力については、マニアルに表記されているものと品番が違う
ため、元々の仕様がわかりませんが、今までの感じでは、それほど
へたって?いないようですが、せっかくなので、現状に対し少々
バンプ・リバンプ共 減衰力をUPしました。また、ガス圧も少々変更
しました。(別物になりました)
・348のサスアームのレバー比は、Frで0.7〜0.8Rrは0.8〜
0.9位ですので、タイヤの動きがダイレクトにサスに伝わります。
また、スピード域は、0.05〜0.1ぐらいの減衰力の確保が重要
です。よく言われる0.3m/sの速度域はラリーとかの場合で
その辺の減衰力が高くでもあまり意味がありません。要はショック
の動き始めから減衰力を発揮する仕様にすることが大切です。

新設のウレタンブッシュ

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00