ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 12編
355フライホイルダンパーO/H
・今回は、タイミングベルト交換作業の追加作業でクラッチ周りを
点検したところ、クラッチがすべり気味でレリーズからのガラガラ音
もありました。また、いまいち始動性も悪く、ハウジング内がオイル
やグリスでベトベトでした。
・さすがに、重量は348よりは、ダンパー+フライホイルまでで
軽くなっています。(この辺もレスポンスの良さに繋がっている
ようです)

外したフライホイルダンパー
・実は、355のダンパーO/Hは、初めて行いました。
348とは、基本的に同じ構造でした。また、グリスにつきましては、
充填と言うよりは、スプリングの周辺に留まっていて、スプリングの
ガチャガチャ音を、抑えているという程度でした。(多少の減衰作用
はあるようですが、グリスのヘタリ等々はあまり関係ないように
思われます。)ダンパーの基本はスプリングの張力が支配的で
あるようです。そして、今回も少々チューニングいたしました。
・付属のベアリング3ヶ(国産品流用)やOリング等を交換し、ベアリ
ング側のシール対策も施しました。また、シャフトのテフロンシール
も交換しました。


ダンパーの中身
・レリーズベアリングは、ガラパン製です。(実績ベースでは、
これまで、ノントラブルです。また純正品に比べ格安です。)
・ついでに、宣伝しときますと、ガラパンさんは、メタルパーツと
称し、いろいろなパーツを製作されていますが、ACCELで使わせて
もらっていますパーツに関しましては、100%ノントラブルです。
そして、何より、Ferrari側に合わせて当然ボルトオンで取り付け
られる様にしてありますが、そのFerrari側の寸法精度のバラつきに
より少々嵌めあいがきつい時があります。そうゆうときにガラパン
さんに、連絡いたしますと、次回の製品から、きちんと微調整して
あり、こちらの要望どうりの製品として、届けられます。
この辺は、当たり前のようで、なかなか修正できないものです。
ガラパンさんの誠実さ・職人魂?を感じます。
みなさまも、機会ありましたら、ガラパン製をお使いくださいませ。

ガラパン製のレリーズベアリング
・355のENGマウントは、意外と早くへたります。
マウントがへたりますと、ENGが下がります。また、一緒に
シフトリンケージもひきずられますので、シフトフィールが悪く
なります。(355用ENGマウントを、検討中です。)

ENGマウント

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00