ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 14編
Ferrari348 Engチューニング
・Engもだいぶくたびれてきましたし、レースでのパフォーマンス向上
のため、いよいよチューニングすることになりました。
・そのアプローチはいろいろありますが、今回は検討の結果、
排気量は変えず、カムを新規に製作し、基本性能の向上と
HEAD周りを重点にチューングを実施しました。

分解前のEng
・腰下は、基本的にクリアランスの最適化と、バランス取り等を実施
しました。また、圧縮比UPを狙い各部寸法見直しを追加工で
対応しました。

シリンダブロック
・オリジナルテンショナーパッドに交換。
・オイルポンプ側は、磨耗無しのため継続使用。

オリジナルテンショナーパッド
・新規カム製作(4本)また、各バルブ径拡大、バルブスプリング周
りサージ対策、その他実施。
・バルブタイミングは、慎重に検討し設定。
・ACCELでは、ほとんどの部品のエッジ部にはゴム砥石で
バリ取り研磨をしております。(箱から出して、そのまま組むことは
ありません。)

新規カムシャフト
・動弁系はすべて、新規設定品(ちなみに全て国産流用です)
ステムシールは、もちろん国産ゴムシール製です。
・バルブ傘径は、シリンダボアと燃焼室を考慮し最大径とした。
・リフターは、カムに合わせインナーシム対応の物にし、軽量化も
図りました。

新設の動弁系
・INTバルブシートは、隣とラップしています。
ラップしているシートリング
・実は、ヘッドボリュームが左右違ったため、いろいろと
調整に苦労しました。

ヘッドボリューム測定
・目いっぱいのカムノーズ。作用角・リフト含め、攻めてます。

組み込んだカム
・以前からやりたかった小細工。結果が楽しみです。

ちょっと小細工
・AIRクリーナー・BOXは、新規製作。
・INJは高回転域の最後付近で、噴射量が足りず容量UP。

とりあえず、今のパフォーマンスは十分で、更なる秘策を計画中。

車載後のEng

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00