ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 15編
355給油口アクチュエーター修理
・タイベル交換で入庫されましたお車ですが、なぜが給油口が
開きませんでした。点検したところ、アクチュエーターがスティック
していて動かない状態でした。

リアフェンダー裏
・何とか取り外し点検したところ、どうにもロッドが動きません。
そこで、ダメもとで後ろ側のカシメを緩め分解してみました。
・状態は、グリスの固着(さびも有り)でしたので、洗浄しグリス
UPし再組み立てしたところ、無事復活しました。

分解したアクチュエーター
355排気切り替えバルブ調整
・上記とは、別のお車ですが、これもタイベル交換で入庫された
お車です。ACCELでは、作業前にコンディションの確認のために
試乗しておりますが、コールドの始動後 マフラー付近からビビリ音
が出ておりまして、かなり気になる音でした。
・バルブ単体では、多少リターンスプリングの力が弱いようで、調整
しましたが、あまり強くすると作動があやしくなりますので・・・
・どうも、シャフト付近のガタが大きいようで、暖機がとれますと
多少ビビリがでるようですが、これ以上いじるとひっかかるように
なりましたので、このへんでやめときました。

排気バルブ
348ブレーキキャリパーO/Hキット
・以前から、お問い合わせの多いノーマルキャリパー(Ate製)の
ピストンシール・ダストシールが入手可能となりましたので、お試し
下さいませ。ちなみに後期ブレンボ製も入手できます。
・今後は、ノーマルキャリパー対応ビッグローターキットを着手
予定です。

シールキット
348マスターシリンダー改修
・今まで、検討・試作を繰り返しておりました、マスターシリンダー
ですが、いよいよ実戦投入することになりました。
・これまで、キャリパーの大型化がブレーキチューンの定番でしたが
サーキットでは、どうしてもペダルタッチが悪くストロークも大きく
なりがちで不安感がありました。(市街地では、ペダルに足を乗せる
だけで効きますがサーキットでは、ダイレクト感や安心感が必要
で、その対策に以前より試行錯誤をしておりました。)
・ノーマルサイズは、15/16サイズですが、今回は、約+12%まで
サイズアップしました。
・オーナー様もご納得の様子で一安心でした。(さらにモニターを
続けます。)

ピストン径の比較
348空調コントロールパネル修理
・最近、Eng始動直後ファンが全開で回るとか、エラーコードが表示
されるなど、故障のお問い合わせが多く寄せられるようになって
きました。原因は、いろいろあるようですが、裏のコネクターの接触
不良から、内部回路の損傷など・・・また、現在では、新品部品と
しての入手も困難になっているようで、なんとか、国内での修理を
検討しておりましたところ、知り合いの電装屋さんがトライしても
いいよとお返事をいただきまして、うまくいけば、修理可能となるか
もしれません。乞うご期待くださいませ。

コントロールパネル
Engルームコネクター改修
・Engルームの左ショック前のコネクターをご存知でしょうか?
(樹脂製の黒くで丸いコネクターです。)最近、スタータが回らない
など、いろいろ不具合が出てきているようですが、実はこのコネ
クターの接触不良が原因のようです。(ちなみに、ドアのケーブルの
コネクターも接触不良・断線が頻発してきております。)
・たまたま、キャノンコネクターがありましたので、交換しました。
見た目もよく、信頼性もアップし元々の位置に取り付けできました。

改修後のコネクター
ABCペダルの調整
・Ferrari全般に言えることですが、皆様は現状のペダルレイアウトに
満足されていますでしょうか?基本的に右にオフセットされています
が、ほんの少し左に寄せたり、遊びやストロークを調整することに
より思いのほか乗りやすくなります。(足の裏は、手より繊細と言わ
れておりますが・・・)
・ACCELでは、どのような細かいご要望にもお応えすべく、日々
問題意識を持ち作業しておりますが、さらに「こんな事出来ない?」
等ありましたら、ご相談くださいませ。


ノーマルABCペダル

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00