ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 16編
348 8連スロットル製作&セットアップ
・好評の8スロ製作です。今回は、特にリンケージに拘りまして
アクセルペダル踏力・ストロークの最適化を図りました。

8スロ&STD
・基本制御をα-Nで行うため、スロットルセンサーは大変重要
です。今回も、スロットルシャフトに差し込むタイプではなく
レバー式の物を使用しました。(このタイプは、シャフト差込部の
ガタ等の問題が発生せず、センサーは浮いているため、ほとんど
トラブルフリーです。もちろん国産流用で、信頼性・耐久性と
何より値段が手ごろです。)

スロットルセンサー
・STDの燃料ラインや、その他は特に変更しませんので、
ほとんどボルトオンです。

Eng取り付け
・もちろん制御はMOTECですが、これまで、蓄積したデータを
ベースに現車合わせで、セットアップしました。(今回もM4ですが
ACCELでは、なんでも上位機種ではなくコストパフォーマンスも
重要と考えております。)
さてドライブフィールですが相変わらず、別物になってしまいました。
オーナー様も大満足でお褒めのお言葉をいただきました。
・ちなみに、始動・アイドルも特に問題なく、何の特別なことは
せず、普通に走ります。(当たり前ですが・・・)

完成
最近のタイベル交換事情について
・長年、フェラーリのメンテナンスを行っておりますが、その中でも
メーンイベントのタイベル交換作業ですが、ここ数年バルタイの
合っていた固体には、お目にかかったことは無くきっちり調整する
ことにより、オーナー様から、非常に良くなったとお褒めのお言葉を
多数いただきます。(だってカムプーリのボルトの黄色いチェックが
ずれていませんもの。・・・文字通りベルト交換のみの様で・・・)
ほとんど、チューニングの領域ですが、ACCELはそこが重要と
考えております。)
・ということでTOPにもありますように、いろいろな思いから
タイベル交換キャンペーンを実施する事にしました。
(いろいろコミコミでお得ですよ)

バルタイ調整作業
EPSについて
・先日、車検でEPS仕様1号車に乗る機会がありまして、往復
60kmぐらい走行しました。単にステアリングが軽いだけでなく
その操舵感や直進安定性など、今ごきの車両のように、何の
違和感も無く乗れました。また、EPS装着によりABCペダルも
調整してあるせいか、非常に操作性が良く是非348オーナー様に
このフィールを体感していただきたいと手前味噌ながら思いました。
さらに、348につきましては、開発を進めていきますので 今後も
よろしくお願いします。
348新アイテムについて
・348のシフトフィーリングを改善しようと、
画策中です。ACCELとしましては、アクチュエータを
使い電制にしようと考えております。(とりあえず
アクチュエータの目星はつけたところです。)
・あのケーブルは意外と高価なので、コスト面でも
面白いかと目論んでおります。
最近のお気に入り
・NEW測定器を導入しました。前から欲しかったのですが、私の
知っているアングルレンチは、米のセンサー1とかTEAC製だとか
とても手が出せる代物(値段が高くて!!)ではありませんでした。
では、今まではどうしていたかというと、角度締めした後板ばねの
トルクレンチで確認しておりまた。(あくまでも確認程度ですが・・・)
・さて、アングルレンチて何?ですが、最近のボルトの締め付けで
角度締めの指示が多くなってきておりますが、ボルトの状態(ネジ
部や頭部の座面の状況)により、同じスナッグトルク後の角度締め
でも、その手ごたえ(トルク感が)違う箇所がでてきてしまいます。
ボルトの軸力とトルクの関係がばらつくことが、作業者としましては
あまり気持ちの良い事ではありません。そこで、スナッグのトルク
から角度締め終了まで一連の動作ができ、しかも、最終トルクまで
表示してくれるアングルレンチが必要になってくるのです。また、
今回の物は、イニシャル角度の設定用の回り止めの必要がなく
とてもシンプルです。(ジャイロがどうしたこうしたらしいのですが…)
しかも、値段がリーズナブルで(現状ではこの性能で一番安かった)
つい勢いで、衝動買いしてしまいました。(電源が乾電池というのも
決め手ですね。)


ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00