ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 17編
水冷オイルクーラー
・355のお客様で、サーキット走行時油温が高く2〜3LAPしか
走れないということで、オイルクーラーについてご相談をいただき
ました。さてどうしましょう。オイルクーラーを追加するかノーマルを
サイズUPするかいろいろ検討しましたが・・・ふっと思い出しました
そういえば、GT500のENGを開発しているとき、空冷のオイルクー
ラーは付いていなかったような・・そうだ、ヒートエクスチェンジャーを
ENGブロックに抱かせていた気が・・・

水冷オイルクーラー
・ということで、市販品を物色しましたが性能・取り付け等で「これ」と
いうのがなく、結局 自作することになりました。
・当初は、オイルエレメントからラインを取り出そうと思いましたが
355は、その周辺のレイアウトが少々厄介なため、あきらめて
スカポンラインにクーラーを付けることにしました。(インナー
フェンダー内に収める事ができるようにレイアウトした。)
・ラジエター側の容量が大きければ良いのですが、今回は
ノーマルクーラーと併用仕様にしました。
・当然、ラジエターの水温で、オイルを冷却しますので、条件に
よっては、水温が、油温が引きずられる現象がでますので
その対策として、低水温仕様のサーモスタットを設定しました。

車載状態
水冷オイルクーラーその2
・355とほぼ同レイアウトの348にも装着しました。また、低水温
仕様のサーモスタットも装着しました。


車載状態
低水温仕様のサーモスタット開発?
・以前から、サーモの開弁温度が高く、またバルブが狭く流量が
絞られている気がしていました。
・ACCELでは、新規で製作することは可能ですが、コスト的に
高くなりすぎますので(ノーマルも十分に高額ですが) 国産の
アフターパーツを流用して、コスト・性能信頼性の確保しつつ
ボルトオンで装着できるようしました。


全開時低水温サーモ
355フライホイルダンパーチューニング
・最近355も だいぶくたびれているようで、O/Hのご依頼が
多くなってきました。基本的には、348と同じような構造なので
ACCELでは、O/Hいたします。(ちなみに新品は、52万円位
します。その他のベアリングもびっくりするぐらい高価な状態で
すが、国産品を流用することにより2〜3桁安い価格でご提供
しております。)


チューニング実施後
348足回り新規製作
・ACCELでは、足回りのリフレッシュにショックのO/H減衰力UPや
サスアームブッシュの強化をしてきましたが、そのままでは、車高の
問題や、スプリングレート等サーキットでは、不十分でした。
・そこで、K-SPORT社に依頼し348用に製作していただきました。
・基本スペックは、36段減衰力調整・スプリングプリロード調整・
ショック本体による車高調整・強化ゴムブッシュマウントの採用・ 
そしてなによりの低価格設定(お問い合わせくださいませ。)。
・街乗りから、サーキットスポーツ走行までカバーでき、ノーマル
では、不足していた部分を十分補いなおかつ価格がリーズナブル
でというコンセプトに基づいた仕様です。

Fr/Rr
F50オートレベライザーユニット修理
オートレベライザーのS/Wを入れるとヒューズが飛ぶとのことで
修理依頼です。しかも、ユニット単体での修理。
・とりあえず、ケーブルの出ているところのフタを開けると焦げ臭い
基板が出てきました。(臭いくさい。)その基板を外してみると
パワー系のICがパンクしていました。その周辺も焼け焦げていま
した。本体のモーター作動は、直接電源をつないでみまたところ
作動OKでした。
・とりあえずICのラベルは消えていなくてカタログからひろえました
ので、部品入手は問題なく あとは、回路を探り補修できるかなと
いった感じでした。あとタイマーICも不調でしたので交換です。
・電子回路は、それほどの、知識はないのですが、なんとなく
わかる程度ですが・・・別のモーターをつないだところ動きました
のでOKということで元にもどし、納品しました。その後車両に
つけたところ問題なく作動したとのこと・・・めでたしめでたしと
いった感じです。


ベンチセッティング
・ENGベンチでは、トルクはもちろんですが それ以外にいろいろ
モニターをしております。その中でも、ノッキングのモニターは難易
度が高く、マイクによる官能評価が一般的ですが、それと同時に
筒内圧をモニターすると、気筒別の評価が出来一番良いのですが
キスラー等は大変高価な為、メーカー規模でないと無理です。
そこで、ACCELでは、プラグに付ける圧電素子のセンサーを使用
しノッキングをモニターしております。

オシロスコープ(筒内圧波形)
テンショナーパッド製作
・純正品は本体ASSYでしか部品がでてきません。そしてお値段が
とっても高いです。そこで、ACCELではパッドを製作し、交換対応
としました。(以前に製作した物のバージョンUP仕様です。)
348・355対応です。

バージョンUP品
348サスキットのその後
・取り付けに際し少々マウントの修正とフロントの調整用ケーブルの
新設定を行いました。(トランクのトリムのフタの中に設置しました。)
・全体として、STDより軽量となりました。
・現在、モニター中です。(結果は後ほど・・・)

装着前のサスキット
・フロントは、トリムの中に入ってしまうので、調整用の延長ケーブル
を出し、トリムのフタの下に設置しました。また抜け止めのブラケット
も新設しました。

フロントの調整部

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00