ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 18編
348ENGチューニング第2弾
・またまた348のENGチューニングのご依頼がありました。
基本スペックは、前回の仕様を踏襲しますが、そのときの課題を
煮詰めた仕様にバージョンUPしました。
・まず圧縮比の見直し、吸気系の変更等々です。
・カム仕様は、同じです。(バルタイ・バルクリは変更しました。)
・現状タコ足が付いていましたので、それをいかす方向で・・・

ENGスタンドに固定
・燃焼室は、デポでいっぱいです。(多分オイル下がりが原因?)
外したヘッド
・流用ビッグバルブの比較(傘径が大きく、ステム径が細くまた、
リフター・スプリング込みで重量も軽い仕様です。しかもお安い!)
・当然、バルブガイド・シートリングは新規製作です。(INTのみ
ベリ銅です。しかもお隣とラップしてます。)

バルブ比較(検討中)
・ヘッド加工出し前の粗加工です。(ガイドの所がうまく研磨でき
ませんので、先に形状を整えでおきました。)

加工途中のポート
・新規カムの確認です。(さすが○○○工業さんです。4本とも
問題ありません。)

新規カムの簡易測定
・ヘッド加工後のボリューム測定です。この結果を元にして
ピストン側のボリュームを決めます。(目標の圧縮比に対して)

ボリューム測定
・348ピストンは、冠面ボリュームが大きいため、旋削によりCUT
しました。(ちなみにコンロッド芯間距離は延長しています。・・・
気持ちだけ連秤比の向上?)
・ヘッドとピストンがより近くなったため、リセスの追加工です。
(ACCELの卓上旋盤・フライスでやってみました。意外とできる
もので、満足のいく仕上がりです。・・・一発では決まりませんし
加工屋さんに出すと行ったり来たりに時間がかかり効率が悪いの
でやってみました。1個できれば、残りはそれに合わせればよい
ですし・・・)

リセス加工
・新規に製作したのは、スプリングシートぐらいで、あとはすべて
流用です。(スプリングの密着長管理をしてあげれば、クラッシュ
回転数は十分クリアできます。重量もSTDよりかなり軽いです。)
・ステムシールの写真がありませんが、もちろん国産品でゴム
シールです。(テフロンなんて・・・)

ほとんど流用動弁系
・この辺のパーツは、以前より製作し使っていますので問題あり
ません。(純正よりかなりコストダウンできます。)

チェーンテンショナーパッド
・この前には、ピストンクリアラン測定・リング合口等一通りの
手順をふみピストンを組み込んでます。

ピストン組み込み
・リングは、合口のエッジ取りを実施。
・ENGのほとんどの部分のエッジ部はゴム砥石が当たっています。
・Frカバーのガスケットは、ベアリングの支持剛性を上げる為
アルミで製作しました。(カムが大きくなりますので、その対策
です。)
・オイルポンプもオーバーホールです。(軽くバリ・エッジ取り程度)
・ピストンボリューム測定し、最終的な、圧縮比を算出します。
ピストンボリューム測定
・メタルヘッドガスケットです。厚みも選べます。(いろいろと
何で?という部分もありますが、シールに関しましては、信用
するということで・・・それより、ヘッドの支持剛性とお熱の伝導に
期待して・・・)

メタルガスケット
・作業としましては仮組みですが、バルタイとP-Vの設定を十分に
確認します。(特にクランクを逆転させそのときのP-Vも確認しま
せんといけません。・・・アクセルOFFでごっつんこではたまりません
ので。)この辺は、慎重に何度も確認し 妥協はNGです。

バルタイ・P-Vクリアランス確認
・とりえず、ショートENGの完成です。(再塗装のカムカバーが
美しいです。もちろん結晶塗装です。)

本体の完成
・別に製作しておいた、吸気系を仮に乗せてみました。
(かっちょいい!)
・今回は、インマニを前回から変更しました。また、それに対し
カーボン製サージタンクも大容量化しました。

とりあえず吸気系乗せてみる
・細々した、作業内容です。(基本 測定・ENG組み立ては、
通年室温24℃の部屋で作業しています。)
・基本 測定ごとは全て行います。(クリアランスの調整ができない
場合でもです。)
・サブフレームに載せ、車載待ちです。
車載待ち
・AIRクリーナーBOXは、大改造し取り付けました。
(アイドルコントロールバルブ等も見えない所についています。)
・MOTECはM4で室内に設置しました。
・ACCELでは、大掛かりなチューニングでもお客様への納車時は
思いっきり踏んでくださいということで、お渡しします。(よく慣らしは
と言われますが、そもそも慣らしが必要な組み方はしていませんし
MOTECのセットアップもありますので、当然全負荷高回転域まで
確認します。初爆後のアイドルでゆるゆる1時間も回していれば
7割位のいわゆる慣らしは終わってしまいます。あとはセッティング
がてら、試乗確認で特に問題なければOKです。多少のヒートソーク
は繰り返し確認してます。 とは言いましても しっかり暖機運転は
お願いしていますが。・・・)

完成

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00