ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 19編
355 ソフトトップ油圧モーターユニット修理
・モーターは回っているようだが、油圧が上がらないのか
アクチュエーターのシリンダが動かないとのことです。(オイルは
入っているようですが)
・当初は、モーターとポンプの接続部の破損かなと思い分解
しましたが、特に問題なく・・・ポンプ本体が原因かも?
・ということでポンプ本体を分解しましたが いまいち、構造と
言いますか、作動原理はよくわからず久々に悩みました。
普通オイルポンプといえば、ベーン・ギア・トロコイドなどを
思い浮かべますが・・・何かピンが3本放射状にありシャフトが
偏芯していて???です。(初めて見るポンプです。)

ユニットの作動確認
・作動原理を理解するのに時間が掛かりました。(原理が
わかれば、あとは何とかなるのもです。多分?)新品がないので
寸法的な要素は不明ですが、なんとなくピンのガタが大きいなと
思いまして、クリアランスを確保するのにピンの径を拡大し穴径
の精度を上げました。(結果的にシリンダのボアUP加工と同じ
ことになりました。)
・とりあえず、簡易的にラインをつなぎまして、モーターを回しました
ところオイルが回っているようなので、あとは実車につけて
もらって確認してもらう予定です。
・この他の写真を消してしまい、正月早々やらかしてしまいました。
残念!

油圧ポンプの心臓部

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00