ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 3編
328Engメンテ&MOTEC取り付けセットアップ&ベンチテスト
・今回のメニューは、タイミングベルト交換とMOTEC取り付け&
ベンチテストという内容です。

・元々、ID社製のEngのため、Kジェトロからインジェクション仕様に
(8連スロットル)になっていますが、airクリーナーがファンネルに
スポンジをかぶせるTYPEで、Engルームの熱気を吸ってしまう
ので、Air Boxを新設し新気をボディサイドから取り入れるように
します。
・MOTECにつきましては、m800をセレクトしINJはシーケンシャル
IGNはセミシーケンシャル制御。また、ツインラムダ・データロガ‐
仕様です。IGNコイルは最新の点火エネルギーの高いものを使い
ました。

Engルーム内
・バルタイは、少々ずれぎみでしたが、きちんと再セット。
(ハイカム仕様のため、バルタイのずれは致命的なので
慎重にセットしました)
・バルクリも問題なく、そのままです。

タイベル交換後のバルタイセット中
・STDカバーは、ファイバー製で ボロボロのためカーボン製で
新調しました。(知り合いのカーボン屋さんに、依頼して製作して
もらいました。少々 無理を聞いてもらい超特急で製作して
いただきました。)

新調のカーボンカバー
・今回は、シールのみ交換しました。
シール交換後
・MOTEC関連ですが、m800本体と、IGNコイル8個・ラムダ
センサー2個・スロットルセンサー1個・水温1個・吸気温1個
Boostセンサー1個、ついでにプラグ8本(イリジウム)。

m800と関連部品
・ベンチ用スタンドにスタンバイ準備中(この状態で、ある程度の
芯出しをしておきます。)
・また、ベンチ用の油圧・燃圧配管・水配管もしておきます。
(サーモも開きっぱなしに改造しておきます)
・排気管には、排温用の熱電対用のボスも付けておきます。
・ベンチ搬入後の作業を減らすため、できるだけ、ACCEL内で
スタンバイしておきます。

ベンチ用スタンドに固定したところ
・Engベンチのスタンバイも終了し、やっとクランキング油圧の
確認や燃圧の調整も終了し、MOTECの初期データの入力をして
各INJとIGNの出力確認(MOTECはEngを回さなくても
INJと火をとばせるので助かります。)そして、イニシャルADVセット。
(タイミングライトで確認)
そして そして いよいよ、始動チェック。
・今回は、ラッピングもいらないので、MOTECのセッティングが
メーンで、全域マッチング実施。(要所では、F/Hでデータ取りを
して、マッチングをつめました。)
・全開域は、A/F・排温等問題なく、妥当なところに収まり
ひと安心。
・日程が2日のため、今回はバタバタしましたが、ラッピング
も入れると、3日は、ほしいところです。(スタンバイに1.5日は
かかってしまいましたので・・・実は、排気煙道に手間取りました)

ベンチテスト風景
・IGNコイルと新設ブラケット(左右バンクでカムカバーの
形状が違うので、2仕様製作しました。)
・プラグホールのカバーも新設しました。

ダイレクトIGNコイル
・シーケンシャル制御のため、720°信号をとるため、カムに
センサーを新設しました。(そうしたら、今まではというと、なんと
グループ噴射だったのです。)
・クランク信号は、フライホイルの裏側に不均一なパルサーがあり
ましたが、これではMOTECは読めないので8パルスの出力が
均等に出るように改造しました。

新設のカムセンサー
・Air Box内の、8個のファンネルと吸気温センサー。
・ベンチとの日程のため、今回はアルミの板金製ですが
近じかカーボン製に造り代えます。

ベンチ用AIR BOX
・MOTEC本体は、センターコンソールの後ろ側に取り付けました。
・今回、MOTECで制御させているものは、Engは当然ですが、
燃料ポンプ・タコメーター・ラジエターファン等です。

m800取り付け

512TR排気管製作
・お客様のご依頼で、排気管を製作しました。(お客様がデザイン
された、内容を曲がり管をつなぎ合わせ製作。なかなかの爆音
でした?)
・直管といえばそうですが、絞るところは絞ってありますので、
しっかりと排圧も確保されていますので、下のトルクも犠牲に
ならず、気持ちよく吹ける?爆音?になりました。(NAといえども
同じ回転レンジなら、排圧はある程度必要になります。)
328の続き
・今回は、アルミ製Air Boxをカーボン製に造り替えました。
(寸法の見直しと形状を変更しました。)
・MOTEC本体をECU Boxに納めました。
・Idle valveをレギュレターtypeから積極的に制御させるValveに
交換し成り行き制御からフィードバック制御にしました。

Air Box/Ecu Box/Idie valve
・アルミ製からカーボン製になったため、吸気音がおとなしく
なってしまいました。?

Air Box取付
・これもカーボン製で、すっきりしました。 上部には換気用のルーバーを設けています
・はじめは、心配しましたが、日本製ということで一安心。
外車部品ですが日本製です

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00