ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 4編
355(F129)Eng O/H作業
・STDのO/H作業のご依頼です。オーナーさんは、サーキット走行を
されるそうで、少々心配です。

Eng単体でのご依頼
・いきなり バラバラですが(デジカメがこわれました)外観は
オイル漏れでドロドロでした。

オイル漏れでドロドロのブロック
・全分解後の点検では、意外としっかりしていて、各部のあたり具合
等問題ないレベルでした。(だだちょっと・・やはりサーキット走行の?
兆候あり)


クランク/主運動系
・冶具で、ライナーを抜きます。
シリンダライナー取り外し
・ピストン冠面は、少々 オイル下がりかな?
ピストン冠面
・ピストンの裏面のオイル焼けは、左右同じぐらいで、問題ありません。
ピストン裏面のオイル焼け
・燃焼室も、特に問題なく、シートのあたりもそれほど、悪くありませ
んでした。

燃焼室
・カーボンを落とし、主運動系の重量測定・調整。
全体で3g位の差がありそれぞれを、修正研磨し最大0.4gに
合わせこみました。

洗浄・研磨後のピストン
・バルブも磨きました。
すり合わせは、軽く行なう程度ですみました。
ポートも軽く修正研磨してあります。

洗浄・研磨後のHEAD
・ブロックの洗浄・研磨では、各部のプラグを外し、確実な洗浄を
行ないます。

ブロック洗浄・研磨・ライナー挿入後
・メーンメタル合わせですが、基本的にメタルのグレードはないので
締め付け時のクリアランスの確認をするという感じです。
・コンロッドメタルも同じ様に、確認します。
・ACCELでの測定条件は、通年で24〜25℃の空調管理された
Eng Roomで作業しております。(特にメタル合わせ等は、時間を
かけ、部品と計測器を環境に馴染ませてから、作業します)

メーンメタル合わせ
・クラン組み込み後、エンドプレー測定を行ないます。
クランク組み込み
・今回、リングは新品ですので、合口測定を行います。また
サイドクリアランスも測定します。

リング合口測定
・燃焼室ボリューム測定ですが、左右共 同レベルでした。
また、ピストン側も測定してあります。
圧縮比はカタログどうりでした。

HEADボリューム測定
・ピストン外径測定とライナー内径を測定し、ピストンクリアランスを
確認します。

ピストン外径測定
・クランクジャーナル・ピンを酸化クロムでラッピングします。
クランクラッピング
・クランクは、オイル穴研磨・ラッピング後、寸法測定します。
クランク測定
・ピストン組み込み。一応リングの向き等は組み込み時は合わせます。
ピストン挿入
・オイルポンプ分解。特に問題はありませんが、バリ取りをして
再Assy。(少々 細工をしておきます)

オイルポンプメンテ
・オイルポンプチェーンテンショナーに、注意しながら組み込みます。
(少々 細工をしておきます)

オイルポンプ取り付け
・バルブ組み込み。
バルブ組み付け
・HEAD組み込み
HEAD組み付け
・油圧タペットを分解し、古いオイルを洗浄します。
油圧タペット分解
・ベルト張り・バルタイ調整。(オートテンショナーの調整には
コツがいります。)

ベルト・バルタイ調整
・コレクタ分解・洗浄
コレクタ分解
・W/Pシール交換
W/Pシール交換
・完成

完成


ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00