ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 5編
MONDIALtタイベル交換&MOTEC取り付けセットアップ作業
・今回のメニューは、タイミングベルト交換といろいろメンテナンス、
それとMOTEC M4取り付けセットアップ作業です。

Eng降ろし後
・分解時のバルブタイミング・バルブクリアランスともに、問題なく
オイルスラッジない良いコンディションでした。
・ベルトテンショナ−ベアリングは、今回も社外品を使用しましたが
特に問題なく、部品代削減に大健闘です。

バルタイ調整後
・一連の作業で、シールも交換しました。

交換前のウオーターポンプシール
・ALTベルトテンショナ−ベアリングも、国産(NSK製)に
交換しました。

ALTベルトテンショナ−ベアリング交換
・このMONDIALのALTは、デンソー製に交換されていて
ブラケットも加工されていましたが、溶接部にクラックが
入っていたので溶接補修しました。

補修後のALTブラケット
・今回 クラッチ周りのメンテメニューも行ないましたが、なんと
クラッチディスクの現品がもう無いとゆうことで、カバーごとの
ASSY交換といわれ、その部品代にびっくりして・・・
そこで、カバーは問題ないので、ディスク板を張り替えることに。
・材質・出来栄え等、非常に良くできていまして、なにより
純正品より安くできましたので、大満足。
これからは、この手で行きましょう。

張り替えたディスク板
・ついでに、フライホイルダンパーのグリスUPをしました。
・ベアリング類も交換しました。(一番後ろのTYPEは、国産品に
在庫がなく、やむなく純正品を使用しました。)

フライホイルダンパーのグリスUP
・レリーズベアリングも、だいぶ くたびれていたので、うちの
オリジナル仕様に交換しました。(NEW TYPEにASSY交換
しなくても済みますので、安上がりです。

オリジナルレリーズベアリング
・車載前の、準備作業。
車載前
・MOTECは、M4をセレクトし、出力ch確保のためイグニッショイン
エキスパンダーを追加しました。
・基本制御は、Dジェトロとし、MR・ADV以外に、タコ・アイドル
コントロール・サージタンクバタフライを制御させています。
・M4が、STD仕様のため、モニター用のA/Fセンサーを左右
バンクに取り付け、セットアップしました。(基本的に、ベース
データの微調整といった感じです。)

MOTEC取り付け
308GT4 タイベル交換&キャブセットアップ作業
・HPより、問い合わせをいただき 車載上でタイミングベルト交換の
ご依頼をいただきましたが、単にベルト交換であれば、横置きEngの
為 作業は可能ですが、バルタイの確認が出来ませんので、ご予算
が許せば、Engを降ろしてきちんと確認作業をさせていただきたいと
ご説明させていただいたところ、ご理解していただきまして、今回
Engを降ろしての作業となりました。

F106A Eng
・Engのいろいろなところから、オイル漏れがあり、年式を
感じさせるEngです。

降ろしたEng
・R/Hのカバーに、2箇所のクラックが入っていました。
とりあえず、溶接補修しました。(取り付けボルトは締まって
いましたが・・・)

クラックの入ったR/Hのカバー
・肝心のバルタイですが、R/HのExhが、かなりずれていました。
(合いマークも、大きくずれていました。)
・バルクリは、基準値で、問題はありませんでした。
・新しいベルトと社外品のテンショナ-ベアリングを組み込み
バルタイを合わせこみました。
大きくずれていたR/Exhカム
・オーナーさんは、ご自分でキャブセッティンをするそうですが、
ACCELでは、フィーリングではセティングしませんので
左右バンクの排気集合部のにA/Fセンサーを取り付け
モニターできるようにしました。
・Eng暖機中、突然のオイル漏れ発生。なんと、オイルレベル
ゲージの付け根のコネクターより漏れていました。(Engマウントを
外し、ゲージを外して分解してみると、構造的にシールできるように
はなっておらず、・・・シール剤はついていましたが。???)
ということで、きちんとシールできるように対策しました。

A/Fセンサー取り付けボス溶接
・点火系は、元々CDIがついていたようですが、調子が悪いとの
ことで、STDになっていました。分解時と同じ位置で組立て
一応、始動することはできましたが、確認のため左右のADVを
みたところ、なんと、左右で10°もずれていました。
・そこで、コンタクトポイントのギャップ調整とタイミングのセットを
行ないました。(このディスビは、遠心ガバナしかなく、シンプル
ですが、バルタイと同じで、左右が合っていないと、Eng本来の
性能は発揮しません。)
・納車時、オーナーさんと試乗しましたが、非常に調子よく元気を
取り戻したように、走りました。(オーナーさん いわく、音が
違うとのこと・・・キャブも調整しやすくなったようです。)
・しかし、オイル漏れが、ひどくそのうちに 本格てきなO/Hを
してあげて、きれいな状態で乗ってあげたいですね。


点火系
・余談ですが、点火時期をみるのに、Eng後ろのクラッチハウジング
の上にフタがあり、それをはずすと、フライホイルに目盛りが刻んで
ありますが、これが、バルタイをみるために付けた角度板と合って
いませんでした。角度板とバルタイの関係では、合マークとの位置
関係で見ると当然あっているのですが、どういうわけか、フライホイル
側がずれていました。???たしか328も合っていなかったような。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00