ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 6編
348tb 8連スロットル製作&セットアップ
・昨年より、こつこつ製作しておりました、F119用8連スロットルを
いよいよ、車載することになりました。
・STDの吸気系を、オーナーさんが入手されまして、それ用の冶具を
製作し いろいろな部品を組み合わせ、まとめました。
・肝心のスロットルボディは、F129と同じサイズのバタフライ径で
ボアピッチもだいたい合うのがありましたので、それを採用しました。
・基本寸法は、F119を参考にレイアウトし、Eng roomにおさまる
ようにしました。(ファンネル長で、吸気管長をチューニングできる
ようにもしました。)
・アイドルコントロールバルブを、別付けとしバランスチューブを
かねるようにしました。
・Air Boxは、カーボン製で、入口径をφ70*2ヶとし、吸気量を
確保しました。
・重量も、STDより、かなりの軽量化が図れました。

完成した8連スロットルの吸気系
・基本レイアウトは、STDを踏襲し、Eng側の改造なしに取り付ける
ようにしてあります。
・少々、熱膨張の読みが甘く、リンケージの調整に手間取りましたが
なんとか、成立させることができました。

Air Box中のファンネル
・セットアップ後のインプレッションですが、なかなか良い感じで
アクセルのツキといい、高回転域の伸びも申し分ありません。
・元々、MOTECで制御させていましたので、セットアップも元
データの修正+α程度ですみました。パーシャル域は、もっと
シビアになるかと思われましたが、非常にスムースで違和感など
ありませんでした。
・次は、Engハードに手を入れる予定です。乞うご期待。

完成です
MONDIAL t メンテ作業
・別のMONDIALで、タイミングベルト交換の一連の作業後、どうも
始動後、ファーストアイドルしないことに気が付き、いろいろと調査
したところ、なんと、エアーレギュレターのラインに詰め物が入って
いました。なぜ?・・・そして、レギュレターのコネクターを調べたら
電源が来ていませんでした。なるほど、電源がきていないので
レギュレターがいつまでたっても閉じないため、ラインに詰め物を
入れ回転の上昇を押さえていたらしいです。
・そこで、IGN S/W後に新たに電源をひきレギュレターを作動させ
るようにしました。これで、始動後はファーストアイドルしてレギュレ
ターのバイメタルが暖めればレギュレターは勝手にしまり徐々に
回転は下がるようになります。

外したエアーレギュレター
・Engフードのオープナーが、壊れているとのことで 外してみると
ワイヤーを引っ張るソレノイドのコイルがショートしていました。
新品は、なんと12万円もするということなので、トライアルで修理
することにしました。
・意外と簡単に、分解できました。ショートしたコイルの導線も、シャ
フトのブッシュもすぐ入手でき、久々に せっせとコイルを15mも
巻きました。ちょっと見栄えは悪いですが、機能は十分です。

完成したソレノイド

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00