ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 7編
348シリーズ ブレーキ・足回り編
・いよいよ、懸案のFrブレーキ変更です。今回は
前後のバランスを考慮し、キャリパーはF360用でローターは
Φ332です。(セミフローティングです)
ついでにFrハブのO/Hも実施しました。

装着後のFrブレーキ
・どうもFrハブに不信感があるオーナーの依頼で、O/Hを実施。
・片側はベアリングおよびグリスが焼け気味?もう片側は
ハブが振れている状態でした。(ハブ側のグリスカップのゴム
シールがなんと、ハブとベアリングの間に挟まっていて、
ハブが振れている状態でした。)

外したハブベアリング
・よく348はFrがふらつくと言われますが、Frは荷重的にみても
それほど厳しくないという判断のもと、リアのサスアームに
着目し、今回は、ボディ側のブッシュのみ変更しました。(8箇所)
(ちなみに、アームブッシュは昨年交換したばかりです)
・効果は、バッグン まるで違う車になりました。(高速コーナーで
少々ふらつくような挙動は無くなり、オンザレール感覚で
すいつくように走ります。)

試作品のリアアームブッシュ
メタル触媒付バリアブルマフラー製作
・お客さまの ご要望につき、メタル触媒仕様を製作しました。
また、ECUがSTDのため、アクチュエーター制御のため
制御回路を新規に開発しました。

メタル触媒仕様バリアブルマフラー
・従来のアルミケースから、カーボン製に造り替えました。
(冷却ファン内臓としました。)

カーボン製アクチュエーターBOX
・STD ECU用、アクチュエーター制御回路製作。
・1号機は、MOTEC仕様でしたが、今回はそれと同等の
制御をさせるように回路を設計・製作しました。(マイコンで
製作すれば、もっとシンプルに出来るのですが、予算がありません
ので・・・)

アクチュエーター制御回路
348最強化計画?
・前回までは、MOTEC+8連スロットルで、レスポンスとモアPOWER
をゲットできましたが、まだまだ、改善する余地はありまして、今回は
強力なダイレクトIGNコイルの取付と・・・前々から一度チャレンジ
したかったマフラーの製作です。(ACCELが ご提案するマフラーは
性能を追っかける?仕様です。)
・ダイレクトIGNコイルは、328にも使用したもので、レイアウトも
違和感なく、しかもシーケンシャル点火で強力です。

ダイレクトIGNコイル
・このマフラーのコンセプトは、ノーマルと同等の低中速域のトルクの
確保、それと高回転域のPOWERの伸び そしてアイドル域(車庫
入れモード?)の静粛性を兼ね備えるマフラーです。
また、それらを成立させるためのバリアブル機構の確立を
目指しました。特許申請中です。 (制御に関しましては、
MOTECでダイレクトにマップ上で任意に動かしています)
・バリアブルバルブは、MOTEC以外でも動かせるように
開発中です。

まだまだ試作段階のマフラー
・試乗の感じでは、ねらい通り低中速のトルクが たっぷり出て
非常に乗りやすく、車が軽く感じます。また、高速域も他社の
マフラーに負けず劣らず良い感じです。
・バリアブル機構は、テスト中ですが、作動環境や熱対策等
想定範囲内?ということもあり、今のところ問題なく動いています。
・オーナーさんのレポートによると、355についていけるそうです。

☆この348に関しましては、オーナーさんのご協力により
東京スペシャルインポートカーショーに出品展示させて
いただきます。(Eng・パワートレイン・マフラーのみの展示
ですので、ご期待ください。)

車載状態のマフラー

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00