ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 8編
DINO246GT Eng&T/M O/H
・予定通り Engを降ろし、分解点検までは、順調でしたが、
部品の手配で手間取り・・・


Eng roomより吊り上げた状態
・さて、いよいよEng分解開始。まずは、EngとT/Mを分離。
ここまで来るまでには、EngからT/Mまでの3段ギアを外し
クラッチ・フライホイルを外しました。

EngとT/Mを分離
・いつものように、Engルームに移動し Engスタンドに固定し
補機類を外し、とりあえずバルタイ確認。

分解時バルタイ確認
・チェーン周りの構造が、見えてきました。
それにしても、オイル漏れが(にじみ?)激しいです。
・漏れの原因は、簡単に言うと、隙間がある・出来るために
オイルが出てくるのです。また、意外と見過ごされるのは
貫通ねじ穴のスタッドボルトです。ねじは、きちんと
締まっているのですが、実は、ねじ山には隙間があり
クランクケース内圧上昇とともに、噴出してきます。

Frカバーを外したところ
・デポジットびっしりの燃焼室。全周にあるスキッシュエリア。
ヘッドを外したところ
・2バルブのため、バルブリセスは当然2つ。しかしながら
Exhの方が、Intより大きい。ヘッドをみて納得。おもしろい
レイアウトです。
・ピストンは、オーソドックス?な構造です。

主運動系
・削りのコンロッドです。重量はおいといて、このEngは
高出力に対応もできる設計なのでしょうか。

総削りのコンロッド
・4ベアリングですが、メタル幅もあり、堅実な設計かな。
だだし、65°バンクを考えると、なかなかバランス取りは
難しそうですね。(基本的にダミーウエートを装着しバランス
取りを行うのが普通ですが、これが意外と設定が難しく
経験のある所でないと・・・)

クランクシャフト
・今回 分解点検したところ、シリンダおよびピストンの磨耗が
激しく、交換予定です。また、ヘッド周りもガタガタで、ガイド・
シート交換です。あとは、いつもの目線で、オリジナルの
加工を施し、バランスよく、O/Hします。

加工後のヘッド

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00