ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > Ferrari 編

作業日誌 Ferrari 9編
348トランスミッションオーバーホール作業
・この348は、ACCELでいろいろと開発している車です。
サーキット走行も積極的にこなし、いろいろデータ取りを
している矢先に、とうとうトランスミッションが いってしましました。
・当初は、中古T/Mを探しそれをO/Hしようという目論見でしたが
なかなか、出物がなく、月日は流れ、現車のT/Mをばらすことに。
・T/Mは単体で、すんなり車両より降ろすことができ、その後
お車は、お客様のガレージへ、お返し。

ENG側カバーを開けたところ
・マニアルと、にらめっこしながら慎重に分解。
不具合の原因は、4・5速側のアンギュラベアリングが
粉々に壊れていました。それ以外は、問題なさそうなので
ギア類はそのままで、各ベアリングをすべて交換することに
しました。

アンギュラベアリング破損
・また今回、デフについても、見直しを行います。
348は、イニシャルトルクが、かかっていない設定のため
サーキット走行では、特にタイトコーナーでトラクションが
ワンテンポ遅れます。この辺を改善させるべく見直しを
行います。(T/Mをばらさないとデフが出てこないので
一緒に作業することになりました。)

デフ分解
テスタロッサ タイミングベルト交換作業
・今回は、タイベル交換と いろいろメンテのご依頼です。
テスタの場合、サブフレームにEngが載っていますので
348・355と同じように降ろします。
・作業前に、いつものように試乗させていただきますが、
アイドルから少し踏んだところで、不感ゾーンがあり
すこしギクシャクする時がありました。また、なんとなく
ギアの入りが悪いように思いました。

Engが降りたところ
・いつものように、分解時のバルタイ確認。
L/HのExhが、少々ずれていました。
バルクリは、ほぼOKでした。
・写真は、きれいですが、これは洗浄した後です。

ベルト周りをはずしたところ
・プーリーのノックピンがさび付いていて、なかなか
取れませんでした。

外したプーリー周り
・バルタイ設定ですが、基本的に、プーリーの穴を選べば
目標の±1°ぐらいには合わせられます。
問題は、ベルトの張り調整で、固定タイプは、少々コツが
あります。(スプリングの張力+αが、難しいところです。
というのも、カムの位置によりベルトの張りが変化するため
この辺を見極めるのが・・・あまり張ると この手のEngは
カバーが共振してしまいますので。)

・Engは、タイベル交換前より、非常にスムースに
吹けるようになった気がします?
・車載後の、シフトリンケージの調整により、ギアの入りも
普通になりました。

バルタイ設定
348フライホイルダンパーチューニング着手
・よく、348では、アイドルでT/Mからガラガラ音が出たり
HOTリスタートが悪かったりします。以前は、ダンーパーの
グリスUPを試みましたが、それほど効果はなく、いよいよ
ダンパーを分解し、チューニングにTRYしました。
・分解は、意外と簡単で、構造も思ったよりシンプルで
チューニングできる余地がありました。(現在の実施n数は
4台ほどですが、特に問題もなさそうです。)
・具体的には、遊びをなくすという方向でチューニングして
います。(リジットにしてしまうのは簡単ですが、ねじり振動等
計測はできませんので・・・)
・特に348のMOTEC仕様では、クランク信号がうまく
読み込めなく、始動不良がでて、クランクプーリーのパルサーを
加工していましたが、ダンパーチューニングによりSTDでも
可能になりました。

ダンパー構成部品
・封入するグリスですが、構造がわからないときは、単に
グリスがへたっているのかと思っていましたが、そうでもない
ようです。グリスの役割は当初考えていたこととは少々違い
ました。しかしながら硬めのシリコングリスをなるべくAIRが
入らないように封入しています。
・また、シングルクラッチのフライホイルは重く軽量化の可能性が
あるように思われます。(ツイン用は、意外と軽いです。)

ダンパー内部
・348系Engマウント改修です。stdは大変高価の為、355用を
流用しています。(実績ベースでは、7台ほどあります)

Engマウント

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00