ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌 | 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > 

作業日誌 GroupC編
PORSCHE962C MOTECセットアップ
・今回は、M48がセットされており、それを再セットアップさせて
いただきました。(車両側にいろいろ不具合がありまして、その
辺を対策後シャシダイ上でセットしました。)
・イマイチBoostの立ち上がりが悪く すったもんだしましたが
よくよくENGのスペックを聞いてみると納得でした。(ENGスペックと
ターボがアンマッチで・・・これはどうしようもありませんが・・・・)

ENGルーム
・シャシダイ上でセットアップですが、やっぱり難しい?
(パーシャル域は、多分走れるかなといったところですが、
全開域は制御できません。シャシダイが!)
・イベント前にサーキットを走れましたので、ちょこちょっと修正。

シャシダイ上
・イベント参加!30分を4本無事に走りきりました。
・懐かしいサウンドを響かせ ボロロロローンと言った感じで
ストレートを何度も駆け抜けていきました。(以前 私がGroupCに
関わっていたころは、Porscheに追いつけ追い越せといった
感じで目標として開発していたのですが・・・今は、その年月を
感じて少々感傷にひたったりなんかして・・・もう20年か)

・もう一台懐かしいマシンが・・・音は相変わらずのロータリー
サウンドで・・・・うるっさい。 意外とゆっくり走っていましたよ。

おまけ
ついにきたVRH35Z ベンチテスト
・このENGはR90CKに載っていたとのことで、現状は、エアリス
が付いていないのにそれ用のROMが入っていて、遅くて走れ
ないとの事・・・ということでENGのチェックもかねベンチテストする
ことになったので、手伝ってとのご依頼。
・車両から、ECUとそれに伴うハーネスを外しスタンバイ。
(ちょっとECUは恥ずかしくてお見せできません。・・・あまりにも
大きすぎて。今時の物に比べたら・・・でも当時は最先端だった
のに。
・ここで問題発生。PCと通信できません???(しかもPC98と
きたもんだ。コマンド?ビットレート?ベーシック?もう覚えて
いません。なんだかんだで、火が入るまで3日もかかってしまい
ました。)

ENGベンチ
・ようやく、PCとの通信もできるようになりましたがモニターしたい
項目は全部見れず(設定できず)ROMに反映できない状況です。
(ROMを作るわけではないので、とりあえずOKですが)
・MR・ADV・Boostはポテンショでバリアブルに調整できます
ので、(ROM成り行きは危険のため・・・)  あとA/Fとノックは
別モニターにて監視体制。
・そんなこんなで、暖機して点検して3200RPM(インターセプト)で
ちょいとストットル全開! PB1.2に合わせこむと余裕のトルク
70Kgm。今度は、4800RPMに回転を上げ全開にしPBを合わせ
ようとしたところ、いきなり1.3kにひょいっと上がってしまい・・・
あらあらトルク90kgm!!やっぱりすごい!(ちなみにこのときは
MR濃い目・ADVリタードぎみの安全サイドで・・・)
・ENGはともかく制御系もすでに20年選手。もうとっくに賞味
期限は過ぎていますので制御系はMOTECに変更予定です。
(現状何かトラブッたときは、もう誰もサポートできませんので・・・)
・とりあえず、上までラフですが全開性能を計測しENGハードには
問題が無い事を確認できました。(ちなみに余裕の800PS位・・・
エアリス用ROMは薄くて回せませんでした。)
・当時ヨーロッパでの評判は、スーパーストロングENGと言われる
ほど、トラブルもなく、燃費もよく高い評価を受けていました。
(WSC参戦時)

VRH35ZのL/H
VRH35Z ベンチテスト MOTEC仕様編
・ということで、制御系をMOTEC m880に変更しました。最大の
理由は、各国でサポートが受けられること、また4つのデータを
切替S/Wにて変更できることなどです。(一番の理由は、汎用
ECUの中でもっとも使い勝手が良いとゆう事でしょうか)
・ついでにモニターもSDL3に変更しました。(Piとの相性の問題
のため)

新旧ECU
・ハーネスは、ベンチ用ということで、端と端をつなぐ程度の配線
であまり見られたくないハーネスです。(まさかこの後そのまま車
両に載るとは思いませんでしたが・・・車両用はハーネス屋さんが
別に製作してくれる予定ですが・・・)
MOTEC仕様で一つ引っかかったのがクラセンの信号でしたが、
そこは、ささっと円盤を作り直していただきました。流石です。


汚いハーネス?
・とりあえず、MR・ADVのベースマップをマッピングしました。
(Boostコントロールは、手動でPCMバルブを動かし安定した
Boostを設定しました。)当然ノッキングもモニターし完璧です。
・前回もそうでしたが、ENGに何の不安もなく回せるのはセット
アップにおいて一番のメリットです。一発データではなく再現性の
あるセットアップができるので、その精度が上がります。
・マップは、レース用・雨用・予選用・燃費用ですが、パワーは
十分、音的にもだいぶ乾いた音になってきました。
・今回は、久々に回しきった(定常も過渡も)といった感じで、
ENGよりもダイナモの方がいっぱいいっぱいで・・・常時750PS
以上はなかなかドキドキ体験ですベンチのファーストドライバーが
(日産時代は毎日のことでしたので・・・少々のことでは驚きませ
んが、スロットルを握っている若いドライバーは必死の形相で・・・
横でPCをメーンに見ている私は、大丈夫大丈夫もう少しと
なだめる図がおもしろくて・・・)


ベンチ操作室
R90CK(#83号車)
・ベンチテスト終了後、ENGは、静岡のガレージへ運ばれ車載
整備。その後MOTEC関連のつなぎこみ(SDL3含む)のため
出張。・・・21年ぶりのご対面です。少し感傷にひたりながら
せっせとお仕事。とりあえずENGに火が入り終了です。
・’90ルマンでは、NPTIチームの#83#84のENGを担当して
おりまして・・・懐かしい。
・当時の車両は非常に作りが良く、これが21年前の車!といった
感じでいまでも十分に活躍できそうです。(そりゃお金が掛かって
いますもの。)
・Cカーは、F1ともSGTとも違って独特な雰囲気があり一番好き
です。(レギュレーションもすっきりしていて、予選はパワー勝負で
レースは燃費しばり。長丁場がちょいとって感じですが・・・)

車載整備中
いよいよFSWシェイクダウン
・いきなり雪!ということで、午前のセッションは中止。路面の回復
を待って、午後から走行開始。
・トータル31LAPのノントラブルでの走行でした。(データロガーの
収集以外のPITINはなく、思いのほか満足のいくシェイクダウン
でした。)
・オーナー様・現役若手ドライバー2人の3人に乗ってもらいました
が概ね好評で、大きな問題もなく走りきり良かったです。ただ
ギアが合っていないため、ENGの特性が生かせないのが残念
でした。
・何より私が一番楽しみました。(あっちこっちお声をお掛けいたし
ましたが平日という事もありまして・・・でもって写真・ビデオ撮影等
ご協力いただきました方々に、感謝申し上げます。)

FSW#40PITにて

搬入後のR90CK(ただならぬ雰囲気が・・・)

ウォームUPドライバー?

準備中

英国チームのメカと打ち合わせ中

’1990(ルマン車検場ジャコバン広場にて)

’2011(FSW#40PITにて)

オーナー様のご好意によりステッカーを貼らせていただきました

ACCELはいよいよ海外デビューです?

Frビュー

Rrビュー

スタート前(ICHIKOライトがまぶしい)

速すぎ!アァ カックイィ〜

サイドビュー

お仕事中

PITロード走行中

絵になるたたずまい
走行テストその2(岡山国際サーキット編)
・車両の搬送が延びまして、再度テストをすることになりました。
しかも岡山・・・遠いっ! しかしギアが合っていいかも。
・今回は転がし2人、ENG屋1人、ドライバー1人という体制です。
・メニューは、ENG関連がメインで前回の不具合対応修正確認&
微調整でしたが、実際走りだすと修正が一発目からほぼ決まり
ドライバーさんは走りに夢中で足のセッティングまで手を伸ばし…
と言うぐらい順調にメニューをこなしました。
・走行は、30分を計4回の走行でほぼ走りっぱなしの54LAP
(タイヤ内圧のチェック以外は全開走行!帰ってきません。)
ちなみにベストは1分27秒3でした、同じ週のテスト時のGT500
が22秒ですから、結構いい線いっていると思います。(足も決まら
ず他の車にひっかかっての走行ですし・・・)

PIT OUT
・排気管出口は、真っ白です。まったく問題無いです。
ターボENGとしては、スーパーリーンで回しています。余計な
火も噴きません。まるでNA ENGの領域で運転していますが
パワーも余裕の常時800psオーバーです。(PB1.2k時)
・排温は1000℃オーバー?(EXマニはインコネル+αです)
・しかもENG壊れませんし、ライフも長いです。(ENGベンチモード
耐久では、昔の6km1本勝負のユーノディエールを1分かけていま
したから・・・800ps/7600rpmを1分間連続です。ついでにオー
バーレブモードも5回/1LAP入れていましたし。シフトがHパター
ンの時代の為、ヒューマンエラーを想定していました。
○野さん対応?え…)

ターボ&WG出口

メカと何やら相談中

スパルタンなコックピット

こいつと一緒に世界を・・・

やっぱりNISSANかな?
Donington Historic Festival 30th April - 1st May
・4月30日〜5月1日に開催された、GroupCレース第1戦です。
(イギリス ドニントンパーク)
・予選9位(コースオフ後のT/Mトラブルにより不本意なタイムで
終了。

レーススタート
・主催者側の要求により車番変更(#83から#25へ)
ちゅうこって、懐かしい#25 JECS NISSANになりました。
・小さいけど、ACCELのステッカーも貼ってもらいました。
・私は、横浜にて、PCによるサポート体制?(時差12時間の
メールが・・・ロガーデータの解析とその修正データの転送など)

かっちょイィ〜
・レースは54Lap(214km)のロングディスタンス?(21年前の
車両ですから、よくがんばりました。)
・結果は、緒戦3位をゲット! スタート後 数Lapでコースオフ、
最後尾がらの追い上げでした。TOPとは1Lap差でしたが、
レースタイムではTOPとの差わずか0.137secということで
ポテンシャルの高さを(ドライバー・車両・ENG)確認できたと
思います。(とりあえずENG&MOTECはOKということで・・・
良かったです。呼ばれなくて?)
・次戦は、5月28日です。(ベルギー スパ=フランコルシャン
こうご期待!(どうやら今回思ったより走れたのでチームから、
あれやこれやリクエストが来まして・・・あまり欲をかくと・・・
熟成させた方が良いかと思うのですが・・・ついつい出来ないとは
言えなくて・・・)

CHEETAH CT606を従えて
Spa Francorchamps Classic 27th - 29th May 
・第2戦の結果です。(ベルギー)
・予選3位・本戦2位でした。結果オーライ?ということで・・・
内容的には、TOP2が異常に速く、なかなか厳しいレースでした。
・しかしながら、ポイントランキングは1位になりまして、次戦以降
シビアなレースが続きそうです。

やっぱかっけーんすよ!
・今回のサポートは、W/Gの支持方法の改修をしてもらい、その
確認と、新しいBoost制御の投入です。(いまいちの様でしたが?)

スペアENGラッピング&セットアップ
・スペアENG O/H後のラッピングとMOTECセットアップを行っ
てきました。
・腰下は、ほぼNEWです。思いっきり回せます。(DYが心配で
すが・・・しかしながら、EXHマニ・ターボ・W/G・Boostライン・
インタークーラー等が車両とは異なりますので過渡が確認程度
かな?)
・ということで、ENGは問題なく(途中インタークーラーがパンク
しましたが・・・)パワーも十分で今シーズンも来年もいけそうです。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00