ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 01
発効日2006年02月20日                                   報告書No  A06022001
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   06年01月22日〜
                                                                 月  日
  題目 348 T/M オーバーホール&デフ イニシャルトルクUP                               
1、目的                                                      
     ・サーキット走行後、T/Mより異音発生のため、オーバーホールを実施した。
     ・デフについては、イニシャルトルクを掛け、レスポンスの向上をめざす。
2、概要
     ・シフトチェンジは出来るものの、音は尋常ではなく、いつロックするかという状況であった。
     また、ギアオイルを抜いたところ、切粉や金属破片が多数出てきたため、オーバーホールを
     実施した。
     ・問題点は#4&#5ギア側の、アンギュラベアリングが、バラバラ状態でシャフトの支持が出来ず
     ギア間のバックラッシュが大きくなりギア鳴りを起こしていた。また、切粉がポンプラインに乗り
     T/M内 全体に回っていたため、全数のべアリングを交換した。(原因については調査中)
     ・デフは、各ギア・シャフトを抜かないと外せないため、作業のタイミングは良かった。
     また、元々イニシャルトルクは設定されていないためシム+プレッシャープレートの設定で
     対応した。
     ・各ギアについては、大きな傷もなく(噛みこんだ痕もない) また、シンクロ(ボークリング)の
     磨耗も問題ないので、再使用とした。
     ・各部クリアランスは、元々のシムで組んでも基準値ではあったが、少々手を入れた。(全体的に
     クリアランスが大きく感じ 少し詰めてみた。)
     ・このT/Mは、非常にギアの入りが良く(冷間時でも)このあたりも調査したが、特別状態が良い
     個体でもなく、普通であった。ギアの入りが悪い原因は、T/M側ではないかもしれない。

車両より降ろしたT/M Assy

ギアの構成が見えます

粉々になっていたベアリング

主要な構成部品

分解したデフ

歯当たり確認

イニシャルトルク確認

ほぼ完成
3、まとめ
     ・348のT/Mは、車両のレイアウト上、興味深い手法をとっており、うまく構成されている。
     リアミッドシップとして、クラッチを一番後ろにもっていく発想がおもしろい。ただ、細かくみていくと
     いろいろと疑問な点もある。構造が複雑になると部品点数も増えトラブルの原因ともなる。
     しかし、15〜16年前のものと思えば十分 納得できる。
     最後に、348は、きちんとメンテ(組み直し)をしていれば、今でも十分に活躍できるマシンである。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00