ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 12
発効日2009年01月11日                                   報告書No  A09011101
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   08年10月04日
                                                              10月15日
  題目 Ferrari 348クラッチライン修理                       
1、目的                                                      
    ・Ferrari 348のクラッチ不具合発生のため修理入庫した。症状は、クラッチペダルを踏みっぱなしで
    半クラッチ操作を何回かすると、クラッチが切れなくなる。その後ペダルをはなし再度踏み直すと切れる。
    症状末期は、フルードが外に漏れていないのにリザーブタンクレベルが下がってきた。また、T/Mの
    ギアオイルレベルが上昇していた。
     


2、結果
    ・クラッチラインは、一部T/M内を通っており、その部分の機械加工部分にクラックが入っていて
    T/M内にフルードが漏れていた。
    ・対処としては、T/M内の通路にアルミパイプを打ち込み(シール剤併用)修理した。



3、所感
    ・当初、お客様よりの相談に対して、ラインのAir抜きをしてみてくださいと対処しておりましたが、症状は
    改善されず、お客様なりに、クラッチマスター等ご自身で交換されたりしたそうですが、とうとう最悪の
    状態になってしまいました。ACCELとしましても初めての症例で、半信半疑でしたが、各部漏れチェック
    をしたところ、最後にT/M部が残り確認したところ、微妙に漏れていました。その部分を良く見てみますと
    通路の穴が、横・縦にクロスしていますが、その縦穴が横穴より深く開いていてベアリングのアウター
    レースに届くくらいに深くなっていました。(この辺は、NC加工だと思うのですが・・・もしかしたら、同じ
    ロットがあるかもしてませんね?)
   

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00