ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 14
発効日2010年03月07日                                   報告書No  A10030701
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   10年02月25日
                                                                月  日
  題目 355ヒートエクスチェンジャー サーキット走行確認                       
1、目的                                                      
    ・Ferrari355のチューニングアイテムの確認でサーキット連続走行(レーシングスピード)を行いその
    作動・耐久信頼性の検証を行った。
     
2、結果
    ・データーロガーでのデータ計測で、最高油温112℃(ENG入り口温度)水温は92℃であった。
 
3、概要
    ・ACCELヒートエクスチェンジャー+STDオイルクーラーのシステムで検証実施。
    (大流量ローテンプサーモ装着仕様)
    ・FSWの走行会に参加し、全開走行時のデータ収集を行った。(40min*2本)
    ・天候も晴れで、路面コンディションも良く連続走行が実施できた。(連続9LAP)
    ・外気温15℃

4、所感
    ・外気温15℃での結果であったが、スペース効率を考慮すれば、十分に冷却効果はあると
    判断される。しかし水温が油温に引きずられるようで、あと5℃は下げたい。
    ・車両の油水温計は、誤差が大きくそれぞれ高めに表示していた。(高めに表示していたので、
    良しとしましょう。)
    ・最近の傾向でヒートエクスチェンジャーは、各社拡大採用されていて、さらに効率の良い物も出てくる
    ことを期待したい。
    ・Ferrari348も同様のシステムを採用しているが、近々サーキット走行を予定しているため
    ロガーベースで確認したい。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00