ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 15
発効日2011年01月07日                                   報告書No  A11010701
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   10年12月14日
                                                                月  日
  題目 ノッキング検出回路製作(途中経過)                       
1、目的                                                      
    ・ENG コンピュータセットアップ時のパラメーターの一つである点火時期の設定において、ノッキングの
    判定は重要な項目である。従来は、マイク等で音を拾い官能評価をしていたが、ENGベンチでは十分
    評価できるが、車両上では、それ以外の音があり判定が出来ない。(高回転高負荷時)そこで視覚的に
    判定できるノッキング検出回路を試作する。
     
2、概要
    ・絶対値の評価を目指すのもではなく、従来の音による官能評価から、視覚的にモニターする形とし
    だれでも判断できるようにする。
    ・センサーは、プラブ共締めタイプの座金センサー出力をベースにブロックに取り付けるタイプの共振型の
    物も相対比較ができるように検出感度の設定を行った。
     
3、経過
    ・第一弾では、感度設定が高すぎモニター出来なかったが、2回目にそなえ、回路変更中である。

4、所感
    ・今回、あるENGをベンチテストする機会に恵まれましたので、一緒にトライしました。ENGベンチ上では
    定常運転時に任意にノッキングを出す事ができますので、検出回路の設定には好都合です。
    しかしながら、その場では回路変更できず、2回目に持ち越しとなりました。
    ・既存の物も調査しましたが、各社いろいろと工夫がありなかなか面白いです。
                                       
     
           試作段階のノッキング検出回路

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00