ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 06
発効日2007年07月16日                                   報告書No  A07071601
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   07年07月12日〜
                                                                 月  日
  題目 Ferrari 348用EPSの装着検討                              
1、目的                                                      
    ・Ferrari 348にEPS(電動パワステ)を装着することにより、これまでの不具合とされる「直進安定性」の
    対応ならびに、操作性向上・車両のレベルUPを目指す。
     

2、概要
    ・これまで348の直進安定性の改善に取り組んできているが、今までの対応では、根本的な部分の明確
    な解が見つかっていなかった。そこで、355等との違いを比較検討したところ、パワステの有無に差がある
    のだろうと言う結論に達した。
    ・当初、パワステに関しての検討初期段階では、MONDIALおよび355からのシステムの移植を考えて
    いたが部品のコスト・部品入手の件・改造箇所の多さ等、諸問題が多く現実的ではないと判断し、現行
    国産車のEPSにしぼり調査検討してきた。取り付け検討に関しては、国産車の開発基準に照らし合わせ
    適合する固体を特定した。このEPSは、ステアリングコラム周辺の改造だけで装着できる。また、その特性
    も違和感の無い操作が可能である。何よりENGのパワーロスが無い点が魅力である。


3、特徴
    ・現行国産車EPSのため耐久信頼性があり、部品コスト・入手が容易である。
    ・車両の改造箇所が少なく、また大幅な改造もなく取り付けられる。
    ・348のウィークポイントである直進安定性(路面からのキックバックが原因)がすこぶる向上した。
    ・操舵力・保持力が大幅に軽減され、シフト操作に余裕が生まれる。
    ・今回のEPSの仕様では、速く(強く?)操舵したときは軽くなり、ゆっくり操舵するとしっとりとした
    操舵感となるので、インフォメーションもしっかりあり、さほど違和感は感じない。しかし、ニュートラル
    付近は多少緩慢になる。(もともとの特性が、そう設定にしているようだ。)
    ・ENGパワーを犠牲にしていないので、パワーロスやラフアイドルにならない。
    ・EPS作動時のモーターの振動等もなく、またIGN ONで作動する。(ENGをかけなくても済む。)
    ・基本的には、フルスペックの状態で作動していないので、意外と消費電力が少ない。
    ・万一、不具合が発生しても、元の操舵力になるので、油圧パワステのようにステアリングが回せない
    ということにはならない。またサーキット走行時のように、フルードの油温が上昇したり、タンクの偏り等の
    不具合が発生しない。
    ・他車(328等)への流用が可能なため、汎用性がある。
    ・約6Kgの重量増となる。(本体+コントロールユニット)

4、今後・所感
    ・まだ、トライアル段階のため、各接続部の耐久信頼性・特性・不具合の洗い出しを行い、完成度の
    向上をめざしたい。
    ・また、ご協力いただいた関係各所の方々に感謝したい。
     

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00