ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 07
発効日2007年10月05日                                   報告書No  A07100501
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   07年09月12日〜
                                                                09月15日
  題目 第5回 全日本学生フォーミュラ大会 サポート報告                              
1、目的                                                      
   ・第5回 全日本学生フォーミュラ大会 出場チームのENGならびに、制御関連のサポートを主に学生への
   指導を行い、全種目の出場・完走を目指す。

2、概要
   ・大会前より、ENGの制御関連の指導や、トラブル対策のアドバイス等を行い、本大会へ向け準備の一助と
   し指導した。また、本大会では、動的競技前の確認や、走行後のデータロガーの解析の指導をし、トラブルを
   未然に防ぎ、全種目の出場を果たした。(1種目は、タイム計測機器の未装着でノータイムとなった。)

3、結果
   ・総合11位(出場59校)  詳細はhttp://www.jsae.or.jp/formula/jp/
   ・表彰 省エネ賞 3位 (1位2位は、周回タイムが悪すぎ比較できません。事実上は1位と思っています。)
   
4、所感
   ・昨年末にサポート依頼を受けましたが、実際に車両を見たのは、大会1週間前でした。そして、シャシダイを
   使用しての、ENGセッティングを行いましたが、トラブルが多々発生し2日間の日程でしたが、まともなデータも
   とれず、学校に引き上げました。そのトラブルのほとんどは、初歩的な内容で、未確認や意識の低さが招いた
   結果と言えるでしょう。
   ・前回も前々回もそうですが、目標に対し、計画が甘く日程管理もされてなく、行き当たりばったりといった
   感じであり、また、危機感もない雰囲気で 度々カツをいれ、本番に臨むことになりました。
   ・ACCELとしましては、3年目のサポートということもあり今年こそはという思いもありまして、みっちり付き合い
   ました。(夜なべは当たり前?)
   ・動的競技での、エンデュランス競技(2人で24LAP周回し、その合計タイムと燃料使用量を競う競技)では
   燃料使用量が、タイムの上位チーム(5位/上位10校)の中では、他チームより1L以上少なく周回できた
   ことは、大きな自信となった事でしょう。(ロガーデータの解析で、スロットルの開度分布や、使用回転数分布
   などから、その領域はかなりリーンにしたようですから・・・地球にはやさしくないですが?・・・)
  ・そして、彼らは、12月にオーストラリア大会に出場するそうです。それまでには、不具合の対策や車両の
   完成度を高め、望んでいただきたいと思います。
   

シャシダイ風景

車検チルト検査

オートクロス競技

省エネ賞 3位

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00