ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 報告書

報告書 08
発効日2006年02月20日                                   報告書No  A06022001
配布先  ○○様               技術報告書            報告者   ACCEL
                          ( 評価 検討 調査 )          実施日   06年01月22日〜
                                                                 月  日
  題目 348 フライホイルダンパーのオーバーホールに関する一考                              
1、目的                                                      
     ・348の不具合として、Eng始動不良(温間時)や、T/Mからのガラガラ音などフライホイル
     ダンパーが起因するとされている。 その構造・原理を検証し不具合を対策し、さらにチューニングを
     施す。
     
2、概要
     ・動力の伝達経路については、Eng運転時は、メーンシャフトから、ダンパー内部のプレートへ行く
     そしてスプリングを介しフライホイルそして一体のクラッチカバーからディスクを経由しT/Mのインプット
     シャフトに伝わる。また、始動時は、スターターでフライホイル一体のリングギヤからフライホイル内の
     スプリングそして中のプレートを経由しメーンシャフト・Engクランクシャフトを回す。
     ・調査の結果、年式により2種類のダンパーがある。(基本的な構造は同じであり、味付け程度の
     意味合いの差と推測する。)
     ・ダンパーの中にグリスが入っているが、漏れによる量の低下や、劣化により、減衰作用が低下する。
     ・グリスの量は入れすぎると、中央のベアリング部から漏れだし、最悪の場合クラッチディスクに
     付着し すべりを発生する。
     ・ダンパースプリングのへたりによる、荷重の低下で始動時等でのねじり角が増し、ダンパーの
     ゆり戻しによるEng始動不良を招く。
     ・ダンパーの減衰が低下すると、全体のねじり振動と共振し、T/Mギアのバックラッツシュから
     ガラガラ音が発生する。
3、不具合対策とチューニング
     ・第一弾として、グリスUPを試みたが、期待したほどの効果は無く、しかもグリス漏れが発生し
     クラッチすべりの不具合を出した。(加圧し充填した)
     ・第二弾は、スプリングのセット荷重を上げたところ、始動等は良くなったが、暖機がとれたころT/Mより
     ガラガラ音が発生した。(新品のスプリングの仕様が不明のため、ガタを無くしたところから30%増しまで
     試したが、解は無った。また、荷重をUPさせると、レスポンスが向上することが確認できた。)
     ・第三弾は、プレートの動きをスプリングの荷重だけでなく、物理的に規制したところ、程よいポイントが
     見つかり、始動・ガラガラ音共、対策することが出来た。
4、所感
・フライホイダンパーは単体で約54万円するとのこと
である。基本的に分解できるものは、修理可能と
考えるのが、ACCELの思考である。また、いろいろと
計測してみれば、何が起こっているのかは推測でき
るが、その設備はメーカーではないので持ち合わせて
はいないが、今までの経験値がおのずと解への方向
に導いてくれる。
・現状でのチューニングレベルは、一品一様といった
ところで、多少の試行錯誤で満足できるようになる。

洗浄後のダンパー構成部品

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00