ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > エンジンのお話 > エンジンオイルについて

第1回 エンジンオイルについて

A.S.H.オイル
’09.01よりA.S.H.オイルの取り扱いを始めました。
基本成分は、エステル系オイルです。サーキットも今のところ問題なく
よさそうです。もしよろしければ、お試ししてみてくださいませ。
Engオイル・ギアオイル・ブレーキフルード等あります。

MOTUL

ACCELはMOTULと契約をしております
星の数ほどある?オイルメーカーの中からなぜMOTULを選んだのかご説明します

皆さんは 何を基準にエンジンオイルを選びますか?
知名度・値段・ショップの薦め いろいろと選択する基準はあると思いますが・・・

ACCELでは、今までの業務のなかでいろいろなメーカーさんとお仕事をさせていただきました。
特にGT選手権やル・マンに参戦していた当時は、レース専用のスペシャルオイルの評価実験を多々行いました。レースでは、オイルの静的な性能(成分やオイル屋さんの評価基準)はあくまでもオイル単体であるので、ベンチで評価し耐久性を確認しないと投入しません(評価実験後は Engine を分解し点検・寸法測定をして確認をします)。
その評価方法ですが、各社いろいろと手法はあると思いますがベンチでの評価は基本的に全負荷定常運転時の油温に対する出力の変化をみるのが一般的な方法で、このほか過渡特性・フリクション等 計測できる設備にもよりますがこのような実験を何度となく繰り返し評価します(ベンチの場合 レイアウトを車両に合わせるのが基本ですがオイル評価等 温度を再現性良く変化させるには それ相当の設備が必要でそれなりの油量がないと出来ません・・・一口にオイル交換といってもフラッシング等をいれると それこそ湯水のごとくというぐらいオイルを使います)。またデータの再現性等を考えますと同日比較をしたいため 天候などの気象条件も安定している日などを選び朝から晩までバタバタと実験します。

上記のような評価実験を繰り返し、そのなかでMOTULのオイルは合格点を与えられたオイルということでACCELでは選択することにしました(’03JGTCのNISMOはMOTULにスイッチしています)。
MOTULの優れている点を具体的に言いますと、単に粘度向上のみで油膜の強度を図っている既存オイルの概念を一変し、エステルの強靭な吸着膜で高負荷状態での潤滑を維持するので、低粘度でフリクションを低減させながらも、高回転・高負荷に対応できるところです。 さらにMOTULの場合、レース用と市販品(量販店で扱っている物ではない)で基本成分の違いはなく、その物と言ってよいでしょう。
MOTULの化学合成オイルの成分であるコンプレックスエステルは自動車メーカーも関心をもつほどのオイルなのです。特に最近ではNISMOでもエステルベースのオイルが販売開始されました。

MOTUL 300V POWER RACING(5W30)はターボエンジンでもガンガンいけるオイル(この低粘度を Engine に入れればそれだけでエンジンは軽くなることでしょう・・・メタル等摺動部はまったく問題ありません)

少しずつではありますが お客様のお車でためしていただきたいと そして実感していただきたいと思っております。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00