ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > ランボルギーニ編

作業日誌 ランボルギーニ編

ランボルギーニ ミ○○のお仕事その2

・昨年、ちょこっと触ったミ○○が入庫してきました。今回は前回の懸案事項でもあるスロットル周りの改修と
その他のメンテです。(約1年も、そのままだったんですね。)
・スロットル改修は、現状の改造で対応し、アクセルペダルの踏力やストロークもフェラーリなみ?に設定しました。
ということで、アイドル域でもスムースに動かせるようになりました。
・あと、MOTECのセットアップですが、負荷を上げると、なぜかA/Fが濃くなりません??いろいろと調べてみると
燃料フィルターが詰まっていて、要求流量が増えると追いつかない状況でした。(この辺も そのまま?)
・やっと、4Lの排気量なみになりました。下から気持ちよく吹けるようになりました。(だいぶマージンはとって
おきましたが、このへんがいいところでしょう。なんと言っても、往年のスーパーカーですからね)
・そして、少し走ってみると、いきなりトラブル発生・・・ウォーターポンプより水漏れ発生。(シールがくたびれて
いました。ガレージに帰ってから発生したので助かりました。・・・部品がすぐ手に入るところがすばらしです。)
・これで、本来の姿になったような気がします。元気を取り戻したといった感じでしょうか。
(他にも手を入れたいところが沢山ありますが・・・オリジナルも必要ですからね。)


ランボルギーニ イ○○のお仕事

ほとんど新車に近いお車で 某ショップにてMOTECを取り付けセッティング中クラッチがすべるとのことで マッチング途中の車です(もちろんクラッチは修理済みで入庫)これのセットアップのお仕事です(ちなみにMOTECはm800でした)
m800は初めてのため いきなり通信が出来ないなど どたばたしましたがどうにか把握することが出来ましたm800のVr2.0はWindowsで作動するので 画面になれるのに少々時間がかかりました(DOSで作動するバージョンもあるそうです…これは従来どうりの画面です)
ちなみに このm800の機能はすばらしく BMのダブルバーノス・ボッシュ製の電制スロットル・国産のVVT、VVL等の可変機構をフィードバック制御できるそうです  すばらしいの一言ですテスト走行・・・あれれ 絶不調 おかしい??(この車と同じのを以前やったので ベースデータは同じものを入れたのに まったく合いません(3000rpm以上はOKなのですが・・・)
気をとりなおし 再度チェック (データロガ-が入っているため走行データをみながらいろいろと修正・・・前回とえらくデータが違うのに驚き)
再走行テスト・・・今度はOKだけど ん〜パーシャル域のADVが異常にリタ-ドぎみ こんなんでいいのかと思うくらいのデータですが こうしないとパーシャル域は走れません(オーナーの方はいたって普通のひとと言うことなので 走るシュチエーションに合わせると下はこのぐらいダルでもいいかもしれません)
最後の走行テスト・・・パーシャル域と全開域とのつながりは いまいちですが3000rpmをこえてからは気持ちよくなりました ちなみにパーシャル域は3速でもトロトロ走るぐらいにフレキシブルに 上は排気量なりにと言う感じに仕上がりました(寒くなってきてからの始動等はその気候になってから見直します あと走行テストは一人ではできませんので うちではS耐のベテランドライバーに乗ってもらってます・・・ただやみくもに走るのではなく あるパターンで走ってもらいデータの収集という感じです 全開域は確認程度で ほとんどパーシャル域の走行が中心です)それから今回セットアップに時間がかかったのは 天候不順のため走行確認が遅れたためです(今回はべースデータがあったので あまり走行はしませんでしたが本来はエンジンベンチ・シャシダイで確認したいのですが・・・費用と安全性を考えると難しいところですが 実は近々知り合いの工場がエンジンベンチ用のECダイナモを使ったシャシダイを創るそうでこれには期待大です・・・費用と安全性・計測値の精度等バッチリです)

ランボルギーニ カ○○○。○のお仕事

ショップさんより リビルトしたエアコンコンプレッサの取り付けの依頼あり(うちは修理屋さんじゃないといっているのに・・・でも車を見たいから受けちゃいました)取り付けはなんなく終了しましたが肝心のGASが入れられないので近所にたのんでみましたがやってもらえず このまま納車
私もスーパーカー世代のため 写真バチバチ撮ちゃいました ん〜満足

ランボルギーニ ミ○○のお仕事

某ショップさんより ミ○○のEng不調トラブルシューティングのご依頼があり 夜おそくにご対面

症状とこれまでの経緯の説明を受ける(MOTEC仕様のため私のところに依頼あり)
早速 MOTECとPCをつなぎいろいろと確認する・・・基本信号にエラーが出る(点火ノイズ?)夜中まで対応したが 依然として復活せず ん〜まいった
本日は夕方より作業開始・・・多少の情報を仕入れてきたので いろいろ試す・・・なるほど、原因判明
結論・・・基本信号の微妙な機械的なずれが発生していたため信号エラーが出ていた(MOTECのトラブルではなくEngハードのセッティング不良でした・・・車が修理などであっちこっちのショップを転々とするとこういった不具合が今後も発生するのでしょうか)Eng不調が出る前にクラッチ整備でR/Hのヘッドを外さないといけないらしく このときにセンサーの位置がずれたようだ・・・MOTECといえども万能ではなく きちんとセンサー類のセットは合わせないとどうにもなりません。またこのEngには多連スロットルがついていましたが これがなんとも大きくて70%以上開くとその上はあまり変わらない状況でした しかもスロットルドラムがダイレクトなためペダルを少し踏んだだけでガバット開くので乗りずらい状況でした   (気筒容積に対しスロットル径が大きすぎますそしてリンケージが複雑でアイドル調整が不安定でどうにもなりませんでした・・・この辺のハードを見直せばもっとよくなると思うのですが)なんでもそうですが 相場値というものがあり これからはずれると大抵うまくいきません。世の中そういうものです(今回はアイドルと無負荷のゾーンのみデータをさわりましたが・・・きちんとセットアップしたいけれど ここまで)。

このような車は 絶対馬力がどうこうではなく ふつうに上までストレスなくきもちよくまわればいいような気がするのですが・・・きちんと元気にしてあげたいですね


ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00