ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > LANCIA 編

作業日誌 LANCIA編
知り合いのショップさんのご依頼で、MOTEC M4の
リセットアップ

・Eng O/H後ということで、基本的なイニシャルから確認。
・配線やデータを確認・・・(いろいろありまして、全てを修正
しました)

#1シリンダTOP出し
・クランクプーリーに、角度板とインジケーター取り付け。
・MOTECの場合、イニシャルADVをセット確認することは
もっとも重要な項目です。また、LANCIAの場合、クランクの
パルサーの歯数は4枚のためアイドル時は、多少バラツクので
2000rpm位に回転を上げ確認します。
・走行確認・・・
  Engはスムーズに回る様になりましたが、Boostが、
  なかなか立ち上がりません?原因は、どうもTURBOに
  あるようで、MOTECのセットアップでは難しいですね。
・次回は、TURBO周りを改修し再度セットアップしたいですね。
  

角度板とインジケータ

今回は、タイミングベルト交換とMOTEC取り付けセットアップ
・タイミングベルトは、社外品(強化品)を使用。
・MOTECは、M4で、点火系をダイレクトイグニッションに変更。

Eng room
・まずは、タイミングベルト交換ですが、その前にバルブ
クリアランス測定と、バルタイ測定をしました。

バルタイ測定
・ベルトとテンショナ−ベアリング交換
・バルタイ再セット
・フロント周りは特にオイルもれもなく、コンディションは上々

ベルト類を外したところ
・MOTECはM4をセレクトし、ダイレクトIGN仕様にするため
点火系には、イグニッションエキスパンダ−を使用しました。
・BoostコントロールはSTDのS/VをMOTECで制御するように
しました。(最終的なBoostコントロールは、アクチュエータ含め
全体的な構成部品の見直しをしないと理想的な制御にはほど
遠く、成り行きといった感じです。・・・次回、こうご期待)

☆走行確認後
・まるで違うEngになってしまいました。
・タコメーターを見ていないと、あっという間にレットゾーンに
飛び込んでしまいます。
・下のトルクが出ていますので、以前のようなドカンとBoostが
かかる感じがなく、スムースに吹けあがり、荒々しい印象は
なくなりました。

ダイレクトIGNコイル&ブラケット
Boost立ち上がり向上対策
・高速道路を走る時は、それほど感じませんが、サーキット走行と
なると話は、別で どうしても低いギアでのBoostの立ち上がりが
遅くなりNA状態になってしまします。
そこで、MOTECのBoost制御にギアポジションによる補正を
させることにより、低いギアでもBoostの立ち上がりを良くする
ようにしました。もちろん、制御だけではだめで 今回アクチュ
エーターもオリジナルの物を試作し取り付けています。
・MOTECでのギア判別させるのに、車速を取り込まないと
いけませんが、どうもそのままだと 上手く取り込めないので
アンプを介し入力するようにしました。

車速センサーアンプ

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00