ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 日誌 > ポルシェ

作業日誌ポルシェ編


PORSCHEのお仕事
・ご依頼内容は’87 カレラ3.2LのメンテナンスとMOTEC取り付け&セットアップです。

・まず、メンテはクラッチディスク交換とバルブクリアラン
ス調整です。(クラッチはペダルが重くなってきたと言う
ことと、T/Mオイルのもれが多いためメンテすることに
なりました。)

・ささっと、Engを降ろしT/Mをはずしました。それから
クラッチカバーをはずし、ディスク交換です。



・ディスクは、まだまだいけそうでしたが、部品も用意し
てあるので交換しました。











・ペダルの重い原因ですが、レリーズレバーのシャフト
が偏磨耗していました。(軸受けにニードルベアリング
が使われていて、これが荷重に耐えられずシャフトに
喰い込んだようです。・・・普通このような場所にはニー
ドルは使わないのですが?ベアリングはぐるぐる回る
ところに使います。)ということで、ブッシュTYPEの軸受
けに交換しました。





・T/Mのオイルもれですが、お決まりのメンドラのオイル
シールからもれていたので、シール交換しました。










・それから、バルブクリアランス調整ですが、Engも降り
ている状態なので、しっかりみることができました。
(実際はほとんど調整する個所はなく、確認で終わり
ました。この作業を車載状態でするのはかなり熟練が
いるように思います。)








・写真では、わかりずらいですが、取り付けボスの下側に
ナットを溶接しています。これは、脱着の時にインシュレ
ーターがよじれマウントまで変形するのを防止するため
にボスの下側も工具で固定できるようにするための改
造です。







・MOTEC仕様ですが、お客様のご希望により フルシ
ーケンシャル制御にすることになりました。ECUはM48
を使用します。
シーケンシャル対応ということで、いろいろと改造・作り
物があります。
@’87式のEngは、フライホイルの歯が120歯と1歯の
ためMOTECでは対応できないので、クランクプーリー
に12歯の歯を取り付けました。また、カム信号のため
ディスビを改造し信号を取り出すようにしました。これで、
シーケンシャル制御が可能になりました。
Aスロットルセンサーを交換しました。これは、ただの
全開S/Wのため開度が分からないので、ポテンショTY
PEのものに改造・取り付けしました。
B点火コイルは、ダイレクトIGN化するため、6個のコイ
ルをブラケットをつくり取り付けました。

以上で下準備が終わり、Engを車載しました。

・車両配線ですが、STDのECUコネクターから、MOTE
Cを割り込ませようと思っていましたが、元にもどせる
ようにするため、新規に配線することにしました。




・社外のクランク角ホールセンサーです。











・カムセンサーは、ディスビを改造しホールTYPEのセン
サーを取り付けました。(ディスビの中には、なんと遠心
式のガバナがありました。・・・ちょっと驚き?)
・以外とボディが大きいため、加工が容易にできました。
(ディスビキャップをそのまま使用しているのが、少しかっ
こ悪いですが・・・)







・社外のスロットルセンサーを、向きが合わず、裏返しに
取り付けました。(MOTECは、データ上でキャリブレーシ
ョンができるので、取り付け位置はスロットルの全閉・全
開の中に入っていれば、どこでもOKです。・・・この辺が
MOTECのやさしいところです。)







・プラグがななめに取り付いているため、必然的にコイル
もななめです。(カムカバーにボスを溶接で固定しました)





Eng降ろし

クラッチ

レリーズレバーシャフト

オイルシール

バルブクリアランス調整作業

Engマウントの改造

MOTEC M48&エキスパンダー

12歯のパルサー

クランクホールセンサー

ディスビホールセンサー

スロットルセンサー

ダイレクトIGNコイル

Engine Room


ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00