ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > エンジンのお話 > Engine制御について

第3回 Engine制御について

・最近では、一般的になったコンピュータチューニング。みなさんは、どう受け止められているでしょうか?

・ROMチューンで何馬力UPしたとか、REVリミットが上がったとか、よく耳にする話ですが・・・

・ACCELでは、広い意味で、Eng性能を100%発揮させるための Eng制御が役割分担の6割以上を
しめる重要なファクターと考えています。ROMチューンも含め最高出力を向上させることは、チューナーと
して腕の見せ所ではありますが、本当にTOPエンドのパワーだけが向上すれば、よいのでしょうか?

・ACCELは、MOTECをメーンにEng制御をマネージメントしています。よく問い合わせがあるのですが
MOTECにして何馬力UPしますかと・・・全開域はA/Fの最適化とADVの見直しである程度、出力の
向上は、もちろんしますが、それは、Engスペック上で本来あるべき姿(正常な状態)になるだけで、
それ以上の出力はハードを変更しないかぎり、向上しません。(よって、ACCELは、何馬力になります
とは、うたいません) それよりも、使用頻度の多いパーシャル域(部分負荷域)を重点にセットアップして
いきます。そして、アクセルレスポンスのよい元気なEngに仕上げます。

・特に、NA Engには、エアフロメーターを使った制御では、なかなかアクセルに忠実なレスポンスは
望めません。そこで、MOTECで制御方式を変更し、またきめ細かいマップを設定し、多くの補正テーブル
を駆使し、STDコンピュータ以上の制御が実現できます。そして、自動車メーカーで培ってきたノウハウを
注ぎ込み、Engを生まれ変わらせます。(理論と実績に裏付けされた技術が必要不可欠です)

・TURBO Engは、なんと言ってもBOOSTのコントロールがすべてです。外付けのBOOSTコントローラー
では、あまり積極的にはコントロールされておらず、どちらかというと成り行きに近い制御です。グループCカ
ーやJGTCで思考錯誤して得た手法をご提供いたします。(エアーリストリクター付きのため、BOOSTを
2kから0.5kまで制御させていました。)

・ACCELは、これまで いろいろなコンピュータと格闘してきました。(表現は本当にこんな感じです)
そのなかでも、やはり、MOTECは他の追従をゆるさず、最新Engにも対応できるすばらしいコンピュータ
だと思います。

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00