ACCEL [ ホーム | 作業内容 | Q & A | エンジンのお話 | 作業日誌| 経歴 | 会社概要 ]

ホーム > 作業日誌 > TVR 編2

作業日誌TVR編2
いよいよ組み立て開始!
・部品のオーダー後から、入手までは意外と早く、いよいよ組込み
ということになりました。ベアリング・オイルシール・Oリング類は
寸法・規格が合うものについては国産汎用品を使用しました。
・HEAD周りは、機械加工を入れ(バルブガイド・シート製作交換
等)抜かりなく仕上げました。また、随所にオリジナルの加工を
入れ、万全を期しました。
・クランクのメタル合わせですが、実は入手したメタルの位置決め
のつめの場所が違っていて、ブロック・キャップ共に つめの
溝切加工をしました。(クリアランスは、問題なかったのですが…)

メタル合わせ作業中のブロック
・クランクは、曲がりや傷もなく、良好な状態でした。
特に、オイル穴は、少々 細工を施し また、ピン・ジャーナルを
酸化クロムで磨き上げ 組み込みました。

組み込んだクランク
・シリンダライナーは、ブロックとの間に4つ繋がったシムが
ありましたが、錆びていてボロボロのため、材質と寸法の
見直しをし、新規に制作しました。また、ブロック間とのシールが
シール剤のみでしたので、今回、基本的なシールをOリングとし
ライナーにOリング溝を切りました。

組み込んだライナー
・オイルポンプは、ハウジング含めすべてを交換しました。
また、各部オイルシール・Oリングは、国産汎用品を使用し
コストダウンに努めました。  W/Pは、秘密です。

組み立て前のポンプ類
・ピストンは、継続使用ですが、リングは新品です。重量合わせ
メタル合わせも終了し、あとは組み込むだけです。

組み込み前のピストン・コンロッド
・STDのバッフルは、オイルが溜まる構造のため、なるべく
オイルをオイルパンに落とせるよう改造しました。ついでに
クラックが入っていたので修理しときました。

改造後のオイルパンバッフル
・ピストンが入り、いよいよEngらしくなってきました。
吸排がちどりのため ピストンの向きに注意。

ピストン組み込み
・ヘッドの修正は、バルブガイド製作交換・ステムシール国産
部品流用・バルブセット長あわせ・ヘッド面研・ボリューム合わせ
と 一通りのメニューを実施しました。
圧縮比は、ねらいどうりに設定できました。

バルブ組み込み前のヘッド
・今回、後期型のカムを注文したのですが、相変わらずリフトが
すごいの一言です。・・・
研磨後の洗浄は、ブラインドプラグを外し,確実に実施しました。

新品のカムシャフト
・無事に、ヘッドの締め付けが終了し 一安心。
ヘッドが載りました
・カム〜バルタイ設定の作業ですが、まずバルクリ用シムが
純正ですと、少々お時間が掛かりそうなので、他社の流用で
対応しました。 バルタイですが、基本的にInt・Exh一体カムの
ため、一般的なタイミングとしました。また、ピストン・バルブ
クリアランスも問題ない量でした。

カム・チェーン組み付け
・ヘッドを面研しているため、Frカバーの上面も面研してあります。
カムセンサーは、今回シーケンシャル制御にするため R/Hの
カムスプロケットにパルサーを取り付け、カバー側にセンサーを
取り付けました。

Frカバー・カムセンサー取り付け
・ALTは、だいぶ くたびれていることもあり、国産の110Aの
物に交換しました。なんとか、バンク間に収まりました。

国産ALT取り付け
・補機類を取り付け いよいよ完成。
あとは、車載を待つだけです。

車載を待つEng

ACCEL
accel-edo@mbh.nifty.com
〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町 2-47
TEL 045-778-6086 / FAX 045-778-6087
AM 9:00 〜 PM 8:00